献血

出典: meddic

blood donationdonate blood
供血


献血

  • 以下の場合は献血をご遠慮下さい
  • 1. HIV検査が目的のかな
  • 2. この1年間に、不特定の異性との性的接触があった方
  • 3. 男性の方でこの1年間に、男性との性的接触があった方
  • 4. この1んえんかんに、麻薬・覚醒剤を使用した方
  • 5. 輸血や臓器移植を受けたことがある方
  • 6. B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、あるいはエイズウイルスの保有者(キャリア)と言われた方
  • 7. 梅毒、C型肝炎、またはマラリアにかかったことがある方
  • 8. 海外から帰国(入国)して4週間以内の方
  • 9. 昭和55年(1980年)以降、ヨーロッパの対象国に滞在(居住)された方。
  • 10. この3日間に、出血を伴う歯科治療(歯石除去を含む)を受けられた方
  • 医薬品を服用されている場合は必ず問診の際にお申し出下さい。
  • 以下の育毛医薬品を服用されている方は一定期間献血をご遠慮下さい


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/11/13 04:44:36」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 海外無償提供の課題と対策 : 事業者の視点から (欧州製薬団体連合会(EFPIA Japan)血液製剤メディアセミナー : 国内献血の有効利用と国際貢献 海外無償提供の課題と対策 医療者・患者・事業者の視点からの提言)
  • 宮川 真琴
  • JMS : Japan medical society (203), 18-20, 2013-11
  • NAID 40019859145
  • 国内外の血友病治療の現状 : 医療従事者の視点 (欧州製薬団体連合会(EFPIA Japan)血液製剤メディアセミナー : 国内献血の有効利用と国際貢献 海外無償提供の課題と対策 医療者・患者・事業者の視点からの提言)
  • 西田 恭治
  • JMS : Japan medical society (203), 15-17, 2013-11
  • NAID 40019859133
  • 輸血の必要性 : 供血・献血動物ガイドラインの輸血療法の実際
  • 藤野 泰人
  • Clinic note : journal of clinical daily treatment for small animals 9(11), 120-131, 2013-11
  • NAID 40019850014
  • 安定供給,広域需給管理体制の確立 (AYUMI 血液事業の現状と問題点)

関連リンク

病気やけがなどで輸血を必要としている患者さんの尊い生命を救うため、日本赤十字社では、16~69歳までの健康な方に献血のご協力をお願いしています。
日本赤十字社は、紛争・災害・病気などで苦しむ人を救うためあらゆる支援をしています。皆様の寄付・献血・ボランティアをお待ちしております。 ... 国内災害救護 災害や大事故などが発生したときに、いち早く医療救護活動 国際 ...
東京都赤十字血液センターのホームページです。都内の献血ルーム一覧・地図等を掲載 ... 上級合格1名 中級合格1名 初級合格2名

関連画像

献血献血キャラクター「けんけつ はたちの献血キャンペーンの の 献血 の 時期 が 分かる よう 氷菓×献血 献血キャンペーン 献血に行こう!成分献血 また、ご協力お願いします。献血ルーム「ばら」からの

添付文書

薬効分類名

  • 血漿分画製剤

販売名

献血アルブミン20%静注4g/20mL「ニチヤク」

組成

  • 本剤は、人血漿中のアルブミンを含む液剤で、1瓶(20mL)中に下記の成分を含有する。

規格

  • 20mL製剤

有効成分

  • 人血清アルブミン:4.0g

添加物

  • アセチルトリプトファン:80.4mg
    *水酸化ナトリウム:13.9mg
    カプリル酸ナトリウム:54.3mg
  • 本剤の主成分である人血清アルブミンは、日本において採取された献血血液を原料としている。また、製造工程中においてブタ腸粘膜由来のヘパリンを使用している。

    ・ナトリウム含量及び塩素含量は、瓶ラベル及び個装箱に表示してあります。

禁忌

本剤の成分に対しショックの既往歴のある患者

効能または効果

  • ●アルブミンの喪失(熱傷、ネフローゼ症候群等)及びアルブミン合成低下(肝硬変症等)による低アルブミン血症
  • ●出血性ショック
  • 通常成人1回20〜50mL(人血清アルブミンとして4〜10g)を緩徐に静脈内注射又は点滴静脈内注射する。
    なお、年齢、症状、体重により適宜増減する。

本剤の使用時には急激に循環血漿量が増加するので、輸注速度を調節するとともに、肺水腫、心不全などの発生に注意すること。なお、本剤50mL(アルブミン10g)、20mL(アルブミン4g)の輸注はそれぞれ約200mL、約80mLの循環血漿量の増加に相当する。1)

投与後の目標血清アルブミン濃度としては、急性の場合は3.0g/dL以上、慢性の場合は2.5g/dL以上とする。
 本剤の投与前には、その必要性を明確に把握し、投与前後の血清アルブミン濃度と臨床所見の改善の程度を比較して、投与効果の評価を3日間を目途に行い、使用の継続を判断し、漫然と投与し続けることのないよう注意すること。1)

慎重投与

ハプトグロビン欠損症の患者

  • [過敏反応を起こすおそれがある。]

心臓障害のある患者

  • [循環血漿量の増加により心負荷増大の可能性がある。]

循環血漿量が正常ないし過多の患者

  • [急速に注射すると、心過負荷等の循環障害及び肺浮腫を起こすことがある。]

溶血性・失血性貧血の患者

  • [ヒトパルボウイルスB19の感染を起こす可能性を否定できない。感染した場合には、発熱と急激な貧血を伴う重篤な全身症状を起こすことがある。]

免疫不全患者・免疫抑制状態の患者

  • [ヒトパルボウイルスB19の感染を起こす可能性を否定できない。感染した場合には、持続性の貧血を起こすことがある。]

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー(頻度不明):

  • ショック、アナフィラキシーがあらわれることがあるので、観察を十分に行い、呼吸困難、喘鳴、胸内苦悶、血圧低下、脈拍微弱、チアノーゼ等が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

薬効薬理2〜4)

  • アルブミンは正常人血漿たん白のうち55〜60%を占める量的に最も多いたん白で、血漿膠質浸透圧の維持に寄与している。
    本剤は人血漿中のアルブミン濃度を40mg/mLとすると、同容量の血漿の5倍に濃縮されていることになり、いわゆるプレショック又はショックに際し、速やかに循環血漿量を正常に回復させ、これを保持する。すなわち、血中の膠質浸透圧を高め、組織中の体液を血管中に移行させ(アルブミン1gは18mLの血漿を増加させる)、その結果、循環血漿量を正常化する。


★リンクテーブル★
先読みdonate blood
リンク元blood donation」「供血
拡張検索献血グロベニン」「献血グロブリン」「献血アルブミン」「献血ヴェノグロブリン」「献血アルブミネート
関連記事

donate blood」

  [★]

  • 献血する
blood donation


blood donation」

  [★]

blood donordonate blood

供血」

  [★]

blood donation
供血者献血

献血グロベニン」

  [★] ポリエチレングリコール処理人免疫グロブリンG

血液製剤類人免疫グロブリンG免疫グロブリンGIgG


献血グロブリン」

  [★] ペプシン処理人免疫グロブリンG分屑

血液製剤類


献血アルブミン」

  [★] 人血清アルブミン

血液製剤類アルブミン

献血ヴェノグロブリン」

  [★] 人免疫グロブリンG

血液製剤類


献血アルブミネート」

  [★] 人血清アルブミン


血」

  [★]

blood, (漢方)blood and body fluid energy
血液血中




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡