炎症細胞

出典: meddic

inflammatory cell


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 化学療法中に穿孔を来たした小腸悪性リンパ腫の一例
  • 竹内 潤 [他]
  • 長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi 87(3), 111-115, 2012-09-25
  • … 病理組織学的検査では切除標本中には、炎症細胞のみを認めるだけで、悪性リンパ腫の細胞像は認められず、化学療法の奏功と考えられた。 …
  • NAID 110009504655
  • 気管支肺胞洗浄 (間質性肺炎と臨床検査)
  • 喘息における気道構成細胞と炎症細胞の相互作用

関連リンク

肺結核 • 乾酪壊死を伴う肉芽腫性肺炎(肉芽腫:組織球 が集族し、形成された結節状病変)。• 類上皮細胞、Langhans巨細胞 • サルコイドーシス:乾酪壊死無し、小型の肉芽 炎4 肺結核 乾酪壊死 炎15 頚部リンパ節結核vs
以前も質問させて頂いた者です。慢性炎症細胞湿潤で原因は不明と紙に書かれていましたが、だいたい皆さん原因は不明なのでしょうか?また慢性炎症細胞湿潤はわりと頻度が高い病気ですか?慢性という事は、長く炎症してるという事 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問107I048
関連記事炎症」「細胞

107I048」

  [★]

  • 24歳の女性。両眼が見えにくいことを主訴に来院した。両眼の前房に炎症細胞を認める。視力は右0.7(矯正不能)、左0.6(矯正不能)。右眼の眼底写真(別冊No.10A)、蛍光眼底造影写真(別冊No.10B)及び光干渉断層像(OCT)(別冊No.10C)を別に示す。左眼も同様の所見である。
  • この疾患でみられないのはどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 107I047]←[国試_107]→[107I049

炎症」

  [★]

inflammation
炎症反応 inflammatory reaction
  • 急性炎症による有害な刺激物が除去され組織が修復されるが、障害が続けば慢性炎症となる。

主徴 (BPT.32)

原因

  • 病原微生物の感染
ウイルス、リケッチア、細菌、真菌、原虫、寄生虫
  • 外傷
  • 物理的刺激
日光、放射線物質、電気的刺激、摩擦
  • 化学的刺激
酸・アルカリ
  • 壊死物
  • 異物
  • 免疫学的な刺激(アレルギー、自己免疫疾患)

分類

  • 急性 acute
比較的短期間で終了し滲出と好中球浸潤が主体
  • 亜急性 subacute
  • 慢性 chronic
長時間持続し、組織増殖とリンパ球・組織球浸潤が主体
  急性炎症 慢性炎症
概要 滲出性病変が主体 増殖性変化が主体
経過 急性・一過性 遷延性・潜行性
血管 血管透過性亢進 血管新生
間質組織 充血・浮腫 線維芽細胞・血管・間質結合組織の増生
浸潤細胞 好中球→マクロファージ→リンパ球

急性炎症 (BPT.33)

  • vascular change
vasolilation
increased vascular permeability
  • cellular events
cellular recruitment and activation

慢性炎症

細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡