出典: meddic

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis


炎光炎症

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/07/18 19:25:47」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 科学ジャーナリストの眼(vol.24)サラシア属植物の接触性皮膚に対する抑制効果(1)コタラヒムブツを主原料とした製品のモニター調査結果より
  • 臨床研究・症例報告 Azithromycinの最小発育阻止濃度を測定し得た,azithromycinが無効であったマクロライド耐性肺マイコプラズマによる肺の3例
  • 相澤 悠太,大石 智洋,大屋 日登美 [他]
  • 小児科臨床 65(10), 2229-2232, 2012-10
  • NAID 40019415539

関連リンク

気体以外が燃焼する場合にも炎が見られることがあるが、これらも実際には、一旦可燃 性の気体が生成してそれが燃焼している。例えば、石油の燃焼では、熱によって一部が 気化して、それが燃焼して炎を生じる(蒸発燃焼)。木材の燃焼では、熱によって木材を ...
炎症(えんしょう)とは、生体が何らかの有害な刺激を受けた時に免疫応答が働き、それ によって生体に出現した症候である。さらにその免疫応答の結果によって生じる病理学 上の変化を示す病理学用語でもある。

関連画像

炎の舞②」 T-REX正月のどんど焼きの炎です。排害主義運動は炎壁紙】 炎のイメージ まっすぐな炎 01炎踊る

添付文書

薬効分類名

  • アレルゲン検査薬

販売名

アレルゲンスクラッチエキス「トリイ」卵黄

効能または効果

診断

  • アレルギー性疾患のアレルゲンの確認
  • 用法及び用量
    診断
    通常乱刺または切皮法により皮膚面に出血しない程度に傷をつけ、本品1滴を滴下し、15〜30分後に膨疹径が対照の2倍以上または5mm以上を陽性とする。

重大な副作用

ショック

(頻度不明)

  • ショックを起こすことがあるので、観察を十分に行い、くしゃみ、蕁麻疹、血管浮腫、不快感、口内異常感、喘鳴、耳鳴等があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。


★リンクテーブル★
リンク元flame」「炎光
拡張検索古典的結節性多発動脈炎」「炎症部」「チャーグ・ストラウス血管炎

flame」

  [★]

-itis

WordNet   license wordnet

「criticize harshly, usually via an electronic medium; "the person who posted an inflammatory message got flamed"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『炎』 / 〈U〉炎のような輝き;炎色 / 〈C〉《おもに文》(…の)(燃えるような)情熱,激情《+『of』+『名』》 / 『炎をあげて燃える』,燃えさかる《+『up』》 / (炎のように)照え映える《+『up』》 / 〈怒り・情熱などが〉燃え上がる;〈人が〉かっと怒り出す《+『out』(『up, forth』)》」

WordNet   license wordnet

「be in flames or aflame; "The sky seemed to flame in the Hawaiian sunset"」


炎光」

  [★]

flame


古典的結節性多発動脈炎」

  [★]

classic polyarteritis nodosa
PN


炎症部」

  [★]

inflamed site
炎症部位


チャーグ・ストラウス血管炎」

  [★] アレルギー性肉芽腫性血管炎




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡