潜時

出典: meddic

latency
興奮伝導




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 入院での環境・薬物調整後の睡眠潜時反復検査でナルコレプシーの併存が否定された双極性障害の1例
  • 増田 史,平岡 敏明,今井 眞 [他]
  • 精神科 21(5), 625-631, 2012-11
  • NAID 40019482650
  • 代田賞奨励賞 受賞論文 パーキンソン病に対する鍼治療の臨床効果に関する研究 : ランダム化比較試験(RCT)による検討
  • 福田 晋平,江川 雅人,苗村 健治
  • 医道の日本 71(10), 110-130, 2012-10
  • NAID 40019451376

関連リンク

世界大百科事典 第2版 - 潜時の用語解説 - 光刺激,音刺激というように物理化学的な性質により刺激を定義するほか,身体に害を与える要因をすべてひっくるめて生物学的に侵害受容性刺激と定義する。刺激が与えられてから反応のお ...
類義語に潜時(latency )があるが、これは反応時間より広い概念で、ヒト以外の動物の反応や、行動ではなく生理指標として観察される反応についても言う (例えば、視覚刺激提示から視覚誘発電位が生じるまでの時間)。 ここでは ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みlatency」「興奮伝導
リンク元潜在性」「潜伏」「潜伏感染状態
拡張検索遠位潜時」「反応潜時」「頂点間潜時
関連記事

latency」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the state of being not yet evident or active」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「潜伏,潜在」

興奮伝導」

  [★]

impulse conduction
伝導 conduction


PT. 37
  • 興奮が細胞の中で発生部位から他の部位に広がること
  • 細胞内で伝わること



潜在性」

  [★]

latencylatentinitiatedoccultcrypticsubclinical
陰性神秘的潜時潜伏潜伏感染潜伏期不顕性無症候性無症状性隠れた潜在潜在型潜伏感染状態

潜伏」

  [★]

latencylatent
潜在性潜時潜伏感染潜伏期不顕性潜在潜在型潜伏感染状態


潜伏感染状態」

  [★]

latency
潜在性潜時潜伏潜伏感染潜伏期

遠位潜時」

  [★]

distal delay distal latency
潜時


反応潜時」

  [★]

response latency
反応時間

頂点間潜時」

  [★]

interpeak latency, IPL


時」

  [★]

time
期間時間時期~倍の長期効果




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡