漿液性丘疹

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

臨床的には瘙痒や発赤,落屑,漿液性丘疹 を呈する. 病理組織学的には角化細胞間の浮腫(海綿状態)が特徴的. 皮膚科診療症例の約1/3を占め,最もポピュラー. 外的因子と内的因子が重なって発症 . 治療はステロイド外用
疱を伴っている(漿液性丘疹)ことがあります。 これは,虫刺され,湿疹・皮膚炎などでしばしば 見られます。また,頂点に凹面が形成されている 場合を臍 さい 窩 か と呼びます(図2-3)。 3 水疱,小水疱 bulla,vesicle 皮膚 ...
紅斑(こうはん) 皮膚が赤くなりますが皮膚表面近くの細い血管が開いているだけなので圧迫すると消えます。 丘疹を伴イブツブツしていることがあります。 元通りの皮膚に戻るには通常1~2週間かかります。 真皮上層の ...

関連画像

下腹部の アトピー 治した体験  丘疹 漿液 性 丘疹 小 水疱 5 大圖片掻痒の強い、漿液性の小丘疹 症狀與特徵 漿液性丘疹 初診から9日後で


★リンクテーブル★
関連記事丘疹」「液性

丘疹」

  [★]

papule
papula
発疹
  • 直径1cmくらいまでの隆起性表在性発疹。
  • 風疹でみられる。
  • とりはだと同じくらいの大きさ



液性」

  [★]

humoral
体液性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡