消化間欠期伝播性収縮

出典: meddic

英:interdigestive migrating contraction, IMC
同:飢餓収縮、伝播性運動群 migrating motor complex、伝播性筋放電群 migrating myoelectric complex

-食物残渣、粘液の排出 -食道、胃に発生(60-90分周期)し、回著まで伝達する -モチリンによる発生する

(=伝播性運動群(MMC),伝播性筋放電群      (MMC)

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

この Ⅲ 相の収縮群は、消化管間欠伝播性収縮 interdigestive migrating contraction ( IMC )と呼ばれ、蠕動運動の指標とされる。そして IMC を起こす電気活動は伝播性筋放電群 migrating myoelectric complex ( MMC )とよばれ ...
過食のため第一胃が異常に拡張し、収縮力の減退をきたして消化障害を起こす疾患で、牛に頻発する。穀物や配合飼料の過食・盗食が主因で、採食後短時間で茫然停立、挙動不安、反芻・あいき・第一胃運動の廃絶をきたし、左側腹部 ...
出版前のリストを公開致します。皆様のご意見をお寄せ下さい。 (連絡先:学会事務所またはWeb担当者まで, 1997年12月)


★リンクテーブル★
リンク元モチリン」「IMC」「interdigestive migrating contraction
関連記事伝播」「間欠期」「伝播性」「間欠」「消化

モチリン」

  [★]

motilin
消化管ホルモンホルモン
  • 運動促進性消化管ペプチド

種類

分類

性状

  • ポリペプチド 22aa. MW. 2.7kDa

産生組織

標的組織

受容体

作用

  • 消化間欠期伝播性収縮を誘発する。空腹期に約100分間隔で血液中に放出され、胃に空腹期収縮を引き起こす。

分泌の調整

  • 空腹時に分泌
  • 摂食により放出抑制

分子機構

臨床関連

生合成

IMC」

  [★]


interdigestive migrating contraction」

  [★] 消化間欠期伝播性収縮

伝播」

  [★]

spreadingspreadpropagationspreadpropagatetransmission
延展拡散増殖伝播性繁殖広がる広げる蔓延流布感染



間欠期」

  [★]

interval, intermission
間隔, 間欠
  • 何かがとぎれている期間
  • 慢性疾患で症状がでたり消えたりしてる場合、症状が治まっている期間を指す


伝播性」

  [★]

transmissibilitytransmissiblespreading
延展感染性感染力伝染性伝達性伝播


間欠」

  [★]

間歇
  • 一定の時間をおいて、物事が起こったりやんだりすること
intermission


消化」

  [★]

digestion






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡