消化

出典: meddic

digestion





Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/03/19 16:15:57」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • GISTの化学療法 (特集 消化管癌外科治療における化学療法)
  • 高橋 剛,西田 俊朗
  • 日本医事新報 (4753), 31-37, 2015-05-30
  • NAID 40020469641
  • 消化管癌における術前vs.術後補助化学療法 (特集 消化管癌外科治療における化学療法)
  • 藏重 淳二,岩上 志朗,馬場 秀夫
  • 日本医事新報 (4753), 24-30, 2015-05-30
  • NAID 40020469636
  • 抗癌剤・分子標的治療の進歩 (特集 消化管癌外科治療における化学療法)

関連リンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 消化の用語解説 - 生物が摂取した食物を,栄養として吸収するのに可能な形に変化させる生理作用をいう。消化過程には食物を機械的に細分したり,消化液を混和したりする物理的過程と ...
胆嚢(たんのう)から分泌される胆汁は脂質の消化に係わっていますが、消化そのものの働きはしていません。 胆汁は通常混じり合うことのない脂質と水分が混じりやすくなるように乳化(にゅうか)して、脂質の消化を助ける働き ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 総合消化酵素剤

販売名

  • ネオ・エフラーゼ配合カプセル

組成

成分・含量 (1カプセル中)

  • 胃溶性顆粒群
       セルロシンAP       10mg
       アミロリシン−20      2mg
       ビオヂアスターゼ1000   2mg
       サンプローゼF        2mg
    腸溶性顆粒群
       膵臓性消化酵素TA   100mg
       プロリシン          8mg

添加物

  • 乳糖水和物、カルメロースカルシウム、ヒドロキシプロピルセルロース、ポビドン、ヒプロメロースフタル酸エステル、グリセリン脂肪酸エステル、白色セラック、ステアリン酸、ステアリン酸マグネシウム、カプセル (黄色5号、ラウリル硫酸ナトリウム、ゼラチン)

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • ウシ又はブタ蛋白質に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 消化異常症状の改善
  • 通常成人、1回1カプセルを1日3回食後経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

薬効薬理

  • ネオ・エフラーゼ配合カプセルは胃溶性のミニ・ペレットと腸溶性の被膜で被われたミニ・ペレットをカプセルに充てんしたもので、胃溶性のミニ・ペレットは胃で、腸溶性のミニ・ペレットは胃酸で失効することなく、各酵素は胃及び腸でそれぞれの消化作用を至適のpHのもとで発揮します。1)

   各酵素の有効pHと作用の表 参照のこと

消化力試験

  • 消化管モデルによるpHを変動させた消化活性の効力試験においてネオ・エフラーゼ配合カプセルは澱粉、蛋白質、脂肪に対し、それぞれの至適pHにおいて十分な消化力を発揮した。2)

有効成分に関する理化学的知見

セルロシンAP

  • 性状: 淡黄色〜淡褐色の粉末である。

アミロリシン−20

  • 性状: 白色の粉末である。

ビオヂアスターゼ1000

  • 性状: 淡黄色〜淡黄褐色の粉末でわずかに特異なにおいがある。

サンプローゼF

  • 性状: 帯黄白色の粉末である。

膵臓性消化酵素TA

  • 性状: 淡黄色〜淡黄褐色の粉末で、特異なにおいがある。

プロリシン

  • 性状: 白色の粉末である。


★リンクテーブル★
先読みdigestion
リンク元アミノエチルスルホン酸」「温浸」「栄養補給」「食事性」「食餌性
拡張検索消化管癌」「消化管ホルモンレセプター」「消化管障害」「消化器外科学」「消化管関連

digestion」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the organic process by which food is converted into substances that can be absorbed into the body」

WordNet   license wordnet

「the process of decomposing organic matter (as in sewage) by bacteria or by chemical action or heat」

WordNet   license wordnet

「learning and coming to understand ideas and information; "his appetite for facts was better than his digestion"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈C〉〈U〉『消化』[作用] / 〈U〉(知識などの)消化力,理解」

アミノエチルスルホン酸」

  [★]

aminoethylsulfonic acid
2-アミノエタンスルホン酸 2-aminoethane sulfonic acid、タウリン taurine
[[]]


Template:Infobox 有機化合物

概念

  • タウリン(Taurine)は生体内で重要な働きを示す含硫アミンの一種
  • H2N-CH2-CH2-SO3H
  • 分子量125.15
  • タウリンはヒトの体内などで胆汁の主要な成分である胆汁酸と結合(抱合)し、タウロコール酸などの形で存在する。消化作用を助けるほか、神経伝達物質としても作用する。白血球の一種である好中球が殺菌の際に放出する活性酸素過酸化水素の放出(呼吸バースト)を抑える作用もある。哺乳類においては肝臓筋肉などに分布する。とりわけ軟体動物、特にタコイカはタウリンを多く含む。するめの表面に出る白い粉にはタウリンが凝縮されている。
  • ネコはタウリンを合成する酵素を持っていないため、ネコにとっての重要な栄養素といえる。このためキャットフードにはタウリンの含有量を明記したものが多い。ネコではタウリンの欠乏により拡張型心筋症が生じる。ただし、ヒト、トリネズミなどは体内で合成できる。ヒトの生体内ではアミノ酸のシステインから合成される。
  • 有機合成化学ではシスタミンの酸化、システアミンの酸化のほか、ブロモエタンスルホン酸とアンモニアなどから誘導される。構造式は、NH2CH2CH2SO2OH。分子量125.15。IUPAC名は2-アミノエタンスルホン酸。無色の結晶であり、約300℃で分解する。水溶性だが有機溶媒には溶けない。CAS登録番号は107-35-7。

タウリンの代謝

タウリンはカルボキシル基を持たないので、アミノ酸ではない。また、タンパク質の構成成分になることもない。したがって、ネコにおいてはタウリンは必須アミノ酸ではなく、ビタミンの一種である。しかし、アミノ基を持つであることもあって、古くからアミノ酸として混同されている。合成経路においてはまず、タンパク質の構成成分にもなる含硫アミノ酸であるシステインからシステイン・ジオキゲナーゼによりシステイン酸が合成される。タウリンはシステインスルフィン酸デカルボキシラーゼ(スルフィノアラニン・デカルボキシラーゼ)によりこのシステイン酸から合成される。ヒトはこの合成経路の両酵素をもつため、タンパク質を摂取していれば、タウリンの形での積極的摂取は不要である。胆汁酸と縮合したタウロコール酸はコリル・コエンザイムAとタウリンから合成される。タウリンは尿中に一日約200mgが排泄される。


温浸」

  [★]

infusiondigestiondigest
インフュージョン消化注入注入液点滴輸液点滴薬輸液剤


栄養補給」

  [★]

nutritional supportalimentationalimentary
栄養法消化食餌性食事性人工栄養栄養サポート


食事性」

  [★]

dietaryalimentary
栄養補給消化食餌性食物由来食物性食事由来


食餌性」

  [★]

dietaryalimentary
栄養補給消化食事性食物由来食物性食事由来


消化管癌」

  [★]

gastrointestinal cancer
消化器癌消化管がん消化器がん胃腸腫瘍胃腸管癌胃腸癌胃腸がん


消化管ホルモンレセプター」

  [★]

gastrointestinal hormone receptor
消化管ホルモン受容体

消化管障害」

  [★]

gastrointestinal dysfunction
胃腸障害消化器障害

消化器外科学」

  [★]

gastrointestinal surgery
消化器外科

消化管関連」

  [★]

gut-associated
腸管随伴




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡