活性型運搬体分子

出典: meddic

activated carrier molecule
  • カルボキシル化ビオチン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

Chapter 3 エネルギー,触媒作用,生合成 今回は酵素がらみの話と活性型運搬体が重要。特にATPについてはここで理解しておきたいところ。1.代謝反応 異化と同化 異化;外部の有機物や無機物を小分子に分解してエネルギーを ...
今回はエネルギーはどのように生まれ、利用され、循環されるのか? それには酵素や活性型運搬体(ATPなど)がどのように用いられているのか? ということについて話していこうと思います。 {参考文献:Essential細胞生物学 ...

関連画像

Hsp70のATPaseサイクルとHikeshiの  ペプチド分子の多様性と心不全説明: 説明: C:\Users\s\Documents\SUZ45 活性高分子多糖体!・附带1  importinβファミリー運搬体分子運搬体分子群 Importin β


★リンクテーブル★
関連記事運搬」「運搬体」「分子」「活性型」「活性

運搬」

  [★]

transportdeliverytransportationtransportcarryconvey
伝える伝達到達配達運ぶ分娩輸送保因保有送達出産送達量到達量デリバリー

運搬体」

  [★]

carrierparatenesisparatenic
キャリアキャリアーキャリヤ担体保因者保菌者保有者


分子」

  [★]

  • n.
分子的、モル


活性型」

  [★]

active formactivated form
活性化状態活性化型

活性」

  [★]

activity
活性度活動性活量活動




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡