汚染者負担の原則

出典: meddic

polluter pays principle PPP

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/06/25 06:33:08」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 我が国の公害問題等に伴う費用負担について : 諸制度に関する汚染者負担の原則からの考察
  • 社会環境論究 : 人・社会・自然 (6), 1-20, 2014-01
  • NAID 40020017854
  • 【《UH・UR合同シシポジウム》報告】「新しい島嶼学の創造」の必要性および沖縄における自然環境の保全及び適正活用に関する課題
  • 国際琉球沖縄論集 = International Review of Ryukyuan and Okinawan Studies (2), 111-121, 2013-03-29
  • NAID 120005524596
  • 槌田敦・山崎久隆・原田裕史著『福島原発多重人災東電の責任を問う : 被害者の救済は汚染者負担の原則で』 (紹介・書評 東電福島第一原発事故特集(1))
  • えんとろぴい : エントロピー学会誌 (73), 28-31, 2012-09
  • NAID 40019516261

関連リンク

知恵蔵2014 汚染者負担原則の用語解説 - 環境対策費用は汚染の原因者が第1次の負担者であるべき、とする費用負担に関する原則。1972年にOECD(経済協力開発機構)が「環境政策の国際経済面に関する指導原理」の中で提唱した。
汚染者負担原則(おせんしゃふたんげんそく、polluter-pays principle 略称PPP)は、本来は、経済協力開発機構(OECD)が1972年5月26日に採択した「環境政策の国際経済的側面に関する指導原則」で勧告された「汚染者支払原則」、すなわち、 ...

関連画像

 汚染者負担原則に反する行為は の救済は汚染者負担の原則で は汚染者負担の原則で [単行本環境問題スペシャリスト 小澤 汚染 者 負担 原則 と 環境 予防原則・汚染者負担原則


★リンクテーブル★
先読みPPP
関連記事負担」「汚染」「原則

PPP」

  [★]


負担」

  [★]

burdenchargeburden
重荷荷電チャージ電荷負荷悩ます帯電、苦しめる


汚染」

  [★]

contaminationpollutioncontaminatepollute
コンタミコンタミネーション混入


原則」

  [★]

principle
原理、信条




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡