求核性部位

出典: meddic

nucleophilic site
  • In chemistry, a nucleophile (literally nucleus lover as in nucleus and phile) is a reagent that forms a chemical bond to its reaction partner (the electrophile) by donating both bonding electrons.(wikiより)
  • 電子を供与しうる部位

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

Q 求核性のあるアミノ酸 生化学の授業で、活性部位によく見られる求核性のあるアミノ酸として、ヒスチジン(イミダゾイル基)、システイ... Q 窒素原子 vs 酸素原子 の求核性 おもに有機化学の求核性に関する質問です ...
生化学の授業で、活性部位によく見られる求核性のあるアミノ酸として、ヒスチジン(イミダゾイル基)、システイン(チオール基)、セリン(水酸基)を習いました。孤立...

関連画像

 gva 一般 内臓 求 心性 gsa 一般optic2.gif (67041 バイト)図405] 脊髄における種々の伝導 図399 ] 脊髄神経節の構成 現時点で解明されている側方 参照項目] | 運動失調症 | 脳


★リンクテーブル★
関連記事部位」「求核性」「求核

部位」

  [★]

sitelocuslocilocation
位置遺伝子座サイト座位場所


求核性」

  [★]

nucleophilicitynucleophilicnucleopetal
求核求核的


求核」

  [★]

nucleophilic
求核性求核的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡