気道閉塞

出典: meddic

airway obstruction, air way obstruction, respiratory tract obstruction
obstructio tractus respiratorii, obturatio tractus respiratorii



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 呼吸器インターベンション--気道閉塞におけるステント治療 (特集 外科領域のステント治療の現状と展望)
  • 宮澤 輝臣,西根 広樹,半田 寛 [他]
  • 外科治療 104(6), 869-874, 2011-06
  • NAID 40018870422
  • 一目瞭然!目で診る症例 問題・解答 ([日本内科学会]専門医部会)
  • 小山 信一郎
  • 日本内科学会雑誌 100(5), 1445-1448, 2011-05-10
  • NAID 40018861505

関連リンク

神奈川県相模原市公式ホームページ。 ... 回答 医療に関しては必ずお近くの医者に聞き、その指示に従ってください。 原因 一般的な知識としては、気道閉塞は、大体食事中に起こります。
top >> 蘇生法 >> 分泌物・異物による気道閉鎖と異物除去 分泌物、異物による気道閉塞と異物除去 声が出せない場合、また呼吸音が聴こえても、ゴロゴロやヒューヒューといった音がする場合は、異物などによる気道閉塞も考えられます。
上気道閉塞が深刻な上気道気流医療上の緊急事態に起因する様々な理由によって妨げられ、その臨床症状は特異的ではない、気管支喘息、閉塞性肺疾患、および他の病気で簡単に混乱しています。臨床的には、病気は子供に多くみられ ...

関連画像

図5. 動的気道閉塞: dynamic airway  気道閉塞の起る主なメカニズム異物による気道閉塞の判断 図3 気道の閉塞気道閉塞の認識気道閉塞


★リンクテーブル★
国試過去問106G065」「099B020
リンク元脈拍」「窒息」「FBAO」「airways obstruction
拡張検索上気道閉塞」「慢性気道閉塞」「急性気道閉塞
関連記事閉塞」「気道

106G065」

  [★]

  • 次の文を読み、 65-67の問いに答えよ。
  • 75歳の男性。重症肺炎で入院中である。
  • 現病歴: 2週前に肺炎低酸素血症のため搬入された。救急室で気管挿管を施行され、集中治療室に入院となった。
  • 既往歴: 53歳から糖尿病で内服加療中。 60歳から高血圧症で内服加療中。
  • 生活歴:長男夫婦と同居。妻が5年前に脳梗塞のため死亡。
  • 家族歴 :父親が糖尿病
  • 入院後、人工呼吸器管理が長期にわたったため、本日気管切開術を行い、引き続き人工呼吸器管理を行った。 1時間後にアラームが鳴ったため駆けつけると、人工呼吸器のモニターで気道内圧が上昇しており、患者の頸静脈は怒張していた。
  • この時点で考えるべき病態はどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 106G064]←[国試_106]→[106G066

099B020」

  [★]

  • 胸部打診で肺肝境界の下降を認めるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099B019]←[国試_099]→[099B021

脈拍」

  [★]

pulse
脈拍数
  • see. IMD.42,44-45

大きさ

  • 脈拍の大きさ:収縮期と拡張期の間の動脈壁の動きの幅 → 脈圧を反映
1. 大脈(large pulse)
2. 小脈(small pulse)

速さ

  • 動脈壁が上下に動く速さ → 血圧の上昇、下降の急峻さを反映
  • 速脈---大脈で、遅脈---小脈
1. 速脈(rapid pulse)
2. 遅脈(slow pulse)

その他

1. 二峰性脈(double apical pulse)

  • 最初に急峻な峰があり、続いて緩徐な峰を生じる。
  • 左室流出路狭窄を伴う肥大型心筋症(HCM) → HOCM
  • IHSSAR(QB.C-351)

2. 交互脈(alternating pulse)

  • 脈拍の大きさが交互に変化する
  • 心筋梗塞心筋炎など心筋障害があるときにみられる。
  • 心拍出量が一定しない重症心不全の徴候

3. 奇脈(paradoxical pulse)

  • 吸気時に脈拍が小さくなる。
  • 吸気時に左室の拡張が制限される病態で生じうる。
  • 心タンポナーデ気道閉塞上大静脈閉塞
  • COLD 重症気管支喘息発作でも起こりうる QB.C-351

呼吸による変化

  • (吸気時)拍出量が減る → 駆出時間短縮 → 脈拍の間隔短縮 → 脈拍
(II音のページより)吸気時には、肺静脈が拡張 → 左房・左室への血液還流量が減少 → 左室を充満する血液量減少 → 一回拍出量減少 → 駆出時間の短縮 → A弁の開放時間が短縮
  • 糖尿病により呼吸性変化がなくなるらしい。

成長と脈拍(SPE.50)

  脈拍数
新生児 120
乳児 120
幼児 90
学童 80
中高生 70




窒息」

  [★]

asphyxia, suffocation
低酸素血症 hypoxemiachokingasphyxiationasphyxiate
仮死気道閉塞息詰まり


頚部圧迫による窒息

手段による分類

頚部圧迫による窒息の機序

  • 気道閉鎖:15kgの加重で起こる
  • 舌根挙上 → 咽頭鼻部・口部閉鎖
  • 舌背挙上 → 口腔閉鎖
  • 頚部血管の閉鎖
  • 頚静脈(2kg)
  • 頚動脈(3.5-7kg)
  • 椎骨動脈(13-16.6kg)
  • 神経反射
  • 頸動脈洞・迷走神経圧迫によって突然の心停止をきたす。

脳組織の酸素欠乏に対する抵抗性

  • 末梢神経>脊髄>延髄>脳幹核>脳幹神経節>大脳皮質



FBAO」

  [★] 異物による気道閉塞 foreign body airway obstruction

airways obstruction」

  [★]

  • 気道閉塞
airway obstruction


上気道閉塞」

  [★]

upperairway obstruction
気道気道閉塞


  • 嗄声・発語困難
  • イビキ
  • 喘鳴
  • 吸気時の胸郭陥凹と腹部膨隆
  • 呼吸補助金の使用
  • SpO2は重篤科するまで低下しない



慢性気道閉塞」

  [★]

慢性閉塞をきたす疾患


急性気道閉塞」

  [★]

acute airway obstruction


閉塞」

  [★]

occlusion
促通
  • 詰まること、詰まっていること
  • (神経)2種の異なる興奮性のシナプス前性のニューロン群が1つのニューロン群へ収束と発散によりシナプス結合する回路において、2種のシナプス前線維群内の同期して興奮するニューロンの数が多い場合には、興奮するシナプス後ニューロンの数は、個々のシナプス前線維群だけの活動による場合の和よりも少なくなる。



気道」

  [★]

respiratory tract, airway









★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡