気道過敏性

出典: meddic

airway hyperreactivity, bronchial hypersensitivity
気道過敏


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 気管支喘息患者に対するSK-1211(メタコリン塩化物)を用いた気道過敏性検査の有効性および安全性
  • 肺機能とその検査 (特集 呼吸器の解剖・生理・疾患を徹底マスター! : 試験対策50問)
  • 気管支喘息の心身相関 : 基礎研究からの知見(「呼吸器心身症」の再興をめざして-最新の知見-,2014年,第55回日本心身医学会総会ならびに学術講演会(千葉))

関連リンク

気道過敏性について 喘息患者の気管支は、いろいろな刺激物質に反応しやすく、健康な人なら反応しないような弱い刺激にたいしても容易に収縮します。これを気道過敏性といい、これが強いと高度の気管支収縮を起こし、時には気道閉塞の ...
喘息は「気道過敏性の亢進」 喘息とは、発作性にゼイゼイやヒューヒュー(喘鳴)・息が苦しい(呼吸困難)・胸が苦しい・咳がひどい、などの症状が繰り返しみられる病気で、それらの症状は自然に、もしくは治療により軽快・消失します。

関連画像

ぜん息患者の気管支(ぜん息 気道過敏性の発症気道過敏性を抑制効果は8週間 気道過敏性測定気道過敏性検査(アストグラフ 炎症がおこり….. 気道過敏性


★リンクテーブル★
リンク元メタコリン試験」「airway hyperreactivity
拡張検索気道過敏性試験
関連記事過敏性」「過敏」「気道」「気道過敏」「

メタコリン試験」

  [★]

methacholine test
メタコリン気道過敏性気管支喘息


airway hyperreactivity」

  [★]

airway hyperresponsiveness


気道過敏性試験」

  [★]

bronchial hyperreactivity test
気道過敏性テスト
気管支喘息



過敏性」

  [★]

hypersensitivityhyperreactivityoveractivityhypersensitiveoveractive
アレルギー過感受性過感受的活動亢進過敏症高感受性知覚過敏反応亢進反応性亢進


過敏」

  [★]

supersensitivityirritationsupersensitiveirritable
過感受性過感受的刺激作用被刺激性易刺激的


気道」

  [★]

respiratory tract, airway







気道過敏」

  [★]

airway hyperresponsivenessairway hyperreactivity
気道過敏症気道過敏性気管支過敏症

性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3