気管支粘膜線毛機構

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

ただ、簡単に害を受けないのは、呼吸器系がこれらの侵入を防ぐ防御機構を備えている からである。 防御機構の1つに、気道の表面に並んでいる小さな筋肉の突起(線毛)が ある。気道の内部は、線毛によって動く粘液の層で覆われている。線毛は運動により 気管 ...
機構によって分類すると. 物理的防御機構. 気道における濾過・浄化作用. 吸入された 粒子が20μm以上では鼻粘膜で捉えられる。10μm以上は気管で、10μm以下は細 気管支で捉えられる。 細菌やウイルスなどの3μm以下のものは肺胞に沈着する。 粘液 線毛 ...

関連画像

多列線毛上皮間にある杯細胞 喘息発症のメカニズム(その1)気管支上皮の裏打ち構造として 肺胞内に沈着するような


★リンクテーブル★
関連記事気管」「粘膜」「気管支」「線毛」「機構

気管」

  [★]

trachea (Z), tracheal tube
trachea
気管支気管支の分岐

解剖

  • 長さ12cm、直径2cm (HIS.298)。
  • C6椎体-T5椎体 / C6椎体の下部より始まりT4-T5椎体で左右の気管支に分かれる。)
  • 喉頭の輪状軟骨の直下から始まり主気管支が分岐するところに終わる。 (HIS.298)

粘膜

  • 1呼吸上皮(粘膜上皮):多列線毛上皮
  • 2. 粘膜固有層 疎性結合組織 膠原線維、弾性線維、気管腺(混合腺)
  • 3. 粘膜下組織 密生結合組織 
  • 4. 外膜 気管軟骨 馬蹄形(C字軟骨)後方に開いている。10-12個


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



粘膜」

  [★]

mucosa (KL), mucous membrane (KH), endometrium (Z. L-20), mucosae (Z. P-27)
tunica mucosa
粘膜固有層粘膜筋板粘膜下組織筋層


  • 消化器系、呼吸器系、泌尿器系、生殖器系

定義

  • 上皮、粘膜固有層、粘膜筋板をまとめて粘膜と呼ぶ

粘膜

粘膜下の深層にある組織


気管支」

  [★]

bronchus / bronchi(pl.) (Z)
bronchus principalis
主気管支 main bronchus一次気管支 primary bronchus
気管気管支の分岐肺区域区域気管支





Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



線毛」

  [★]

pili pilus


通常線毛、菌体線毛

機能

性線毛

機能




機構」

  [★]

mechanismmachinery、(団体)organizationmechanistic
器質化機序組織組織化組成機作メカニズム仕組み機械類機構的マシナリー




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡