気圧

出典: meddic

atmospheric pressure, atmosphere, atm
大気圧
大気気圏雰囲気圧力
  • 1気圧 = 760 mmHg ≒ 760 torr


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/23 14:00:24」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 自転車用空気入れを利用した圧力実験装置の開発
  • 川崎 善照,中野 英之,村上 忠幸
  • 教育実践研究紀要 = Journal of educational research (13), 83-92, 2013-13
  • NAID 40019714262
  • ミストを利用した大気圧薄膜作製手法の開発に関わる原理 : 原料流の制御
  • 川原村 敏幸
  • コンバーテック 41(12), 110-118, 2013-12
  • NAID 40019903479
  • パウダージェットデポジションによる常温大気圧下での成膜 (特集 ふきつける加工-噴射加工―のいま)
  • 西川 智弘,厨川 常元
  • 砥粒加工学会誌 57(12), 782-785, 2013-12
  • NAID 40019898678

関連リンク

気圧(きあつ、英: air pressure)とは、気体の圧力のことである。単に「気圧」という場合 は、大気圧(たいきあつ、英: atmospheric pressure、大気の圧力)のことを指す場合が 多い。 目次. 1 概要; 2 気圧の変動; 3 大気圧を利用した事象; 4 単位としての気圧 ...

関連画像

地表からの高さと気圧圧力について|【光・音・力と 気圧のお話 | つくばの塾ならE 軟らかくして食べることに利用 気圧」印刷用まとめ2007-01-28 - さっぽろサイエンス


★リンクテーブル★
先読み圧力
国試過去問097G026
リンク元摂氏」「atmosphere」「大気」「気圧障害」「atm
拡張検索気圧性外傷」「高気圧酸素療法」「高気圧酸素治療」「大気圧」「アネロイド気圧計
関連記事

圧力」

  [★]

  • 生理学での圧力の単位には以下のようなものが使われている。
    • mmHg
    • mmH2O
    • torr
  • 例えば、気体の分圧、血圧、浸透圧の大きさを表現するために使われている。

mmHgとtorr

  • 1 torr ≒ 1mmHg
厳密には異なる → トル

mmHgとmmH2O

Wikiによれば

1  [mH2O] = 9.80665 [m/s2] × 1000 [kg/m3] × 1  [m] = 9806.65 [Pa]

ゆえに

1 [cmH2O] = 9.80665 [m/s2] × 1000 [kg/m3] × 1 [mm] = 98.0665 [Pa]
1 [mmH2O] = 9.80665 [m/s2] × 1000 [kg/m3] × 1 [mm] = 9.80665 [Pa]

また

133.322 [Pa]=1 [torr] ≒ 1 [mmHg]~

よって

1 [mmHg] = 1.35951 [cmH2O] = 13.5951 [mmH2O]};

これはHgの密度を反映している

生体内の圧力

  • 参考
[display]http://www8.ocn.ne.jp/~halfboil/note/not-03.html
正常血圧 120/80mmHg SpO2=98%
CVP 中心静脈圧 4-8 mmHg 50-100mmH2O
SpO2=70-75%
RA右房圧 6mmHg SpO2=75%
LA左房圧 10/0mmHg SpO2=95%
RV右室圧 20/0mmHg SpO2=75%
LV左室圧 110/10mmHg SpO2=95%
PA肺動脈圧 20/10mmHg SpO2=75%
Ao 大動脈圧 110/70mmHg SpO2=95%
PAWP肺動脈楔入圧 10-12mmHg SpO2=100%
PaO2動脈酸素分圧 100-80mmHg  
PaCO2動脈炭酸ガス分圧 45+-5mmHg  
頭蓋内圧ICP intracranial pressure 6-12mmHg 120-180mmH2O
髄液圧   20-40mmH2O
門脈圧PVP   80-180mmH2O
胸腔内圧  
正常眼圧 15±5mmHg  
  • 肺毛細管圧:8-10 mmHg (SAN.192)
  • 肺静脈圧:4-5 mmHg (SAN.192)


097G026」

  [★]

  • 物理的要因と健康障害の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097G025]←[国試_097]→[097G027

摂氏」

  [★]

華氏
  • 25 ℃
  • twenty-five degrees Celsius

Template:単位

セルシウス度(セルシウスど、記号:℃/°C)は、温度セルシウス温度)の物理単位である。欧米では考案者の名前からセルシウス度と呼ばれており、日本などではセルシウスを中国語で書いた摂爾修から摂氏温度(せっしおんど、せしおんど)ともいう。

定義

現在の定義は、「ケルビン(K)で表した熱力学温度の値から273.15を減じたもの」である。元々の定義は凝固点を0度、沸点を100度とするものであった(詳しくは#歴史を参照)。

用法

例えばセルシウス度による温度は、日本語では「15℃」または「摂氏15度」という。「C」または「摂氏」を省略しない書き方が正式であるが、日常生活においては単に「15度」と表現することも多く、同様に「度」という表現を用いるファーレンハイト度(華氏温度)や角度と混同される恐れがある。英語では"fifteen degrees Celsius" と読み、"15 deg C"と略記する。日本語の場合にも科学の学術の発音では上記誤解を避けるため「ドシー」と呼ぶこともある。

歴史

セルシウス度はスウェーデン人のアンデルス・セルシウスが1742年に考案したものに基づいている。当初は1気圧下におけるの凝固点を100℃、沸点を0℃として、その間を100等分し、低温領域、高温領域に伸ばしていた。しかしその後、定義は凝固点を0℃、沸点を100℃とする現在の方式に改められた。これは、カール・フォン・リンネか、セルシウスの用いていた殆どの温度計の製作者であるDaniel Ekstromの換言によるものかもしれないといわれている。

水の沸点と融点の間に100の目盛があることから、この体系のもともとの名称はcentigrade(「百分度」の意)であったTemplate:要出典。しかし1948年の第9回国際度量衡総会にて、名称が正式にセルシウスへと変更になった。これには、セルシウス自身の認知のためと、SI接頭辞であるセンチ (centi) との衝突からくる混乱(centigradeがgradeという単位の100分の1と勘違いされる)を避けるという目的があった。

その後の物理的な計測方法の進歩と熱力学温度の採用により、現在の定義は「ケルビンで表した熱力学温度の値から273.15を減じたもの」となっている。つまり、水の三重点を0.01℃とし、水の三重点と絶対零度の温度差の273.16分の1を1℃としている。「273.16分の1」という数字は、セルシウス度における1度の温度差をそのままケルビンの1度の温度差として使用するためのものである。すなわち、セルシウス度とケルビンの目盛の幅(1度の温度差)は等しい。なお、この定義により、水の沸点はちょうど100℃から99.974℃に変更された。

セルシウス度は日常の様々なところで用いられているが、英国やアイルランドの放送メディアの中にはセンチグレードと呼ぶところも多い。アメリカのメディアだけは依然単独でファーレンハイト度を用いている。

単位の換算

セルシウス度からファーレンハイト度への換算 <math>F=1.8C+32</math>

ファーレンハイト度からセルシウス度への換算 <math>\textstyle C=\frac{5}{9}(F-32)</math>

-40℃と-40℉が等しいことを利用した、別の換算方法もある。 <math>\textstyle C=\frac{(F+40)}{1.8}-40</math>

Template:温度の単位の比較

符号位置

記号UnicodeJIS X 0213文字参照名称

Template:CharCode


atmosphere」

  [★]

  • n.
aerialairatmatmosphericatmospheric pressurebarometric

WordNet   license wordnet

「a particular environment or surrounding influence; "there was an atmosphere of excitement"」
ambiance, ambience

WordNet   license wordnet

「the weather or climate at some place; "the atmosphere was thick with fog"」
atmospheric state

WordNet   license wordnet

「the mass of air surrounding the Earth; "there was great heat as the comet entered the atmosphere"; "it was exposed to the air"」
air

WordNet   license wordnet

「the envelope of gases surrounding any celestial body」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「《the ~》(地球を取り巻く)『大気』 / 〈C〉(特定の場所の)『空気』 / 〈C〉『雰囲気』,環境,周囲の状況 / 〈C〉気圧単位(1cm2に1.013ダインの力が働いたときの圧力《略》『atm』.)」


大気」

  [★]

atmosphereairatmospheric air
気体空気気圧気圏雰囲気空中


気圧障害」

  [★]

barotrauma
気圧性外傷圧外傷潜函病気圧減圧症


atm」

  [★]

  • n.
  • 気圧
atmosphereatmospheric pressurebarometric


気圧性外傷」

  [★]

barotrauma
圧外傷気圧障害
[show details]


高気圧酸素療法」

  [★]

hyperbaric oxygen therapy HBO
高圧酸素療法高気圧酸素治療


高気圧酸素治療」

  [★]

hyperbaric oxygen therapy
高圧酸素療法高気圧酸素療法


大気圧」

  [★]

atmospheric pressure, Pr
気圧


アネロイド気圧計」

  [★]

aneroid barometer


圧」

  [★]

pressure
圧力




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡