毒蛾皮膚炎

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 毒蛾皮膚炎
  • 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology 62(2), 145-152, 2000-04-01
  • NAID 10019141242
  • 毒蛾皮膚炎の病理組織学的検討 : モンシロドクガ,チャドクガ
  • 日本臨床皮膚科医学会雑誌 = Journal of the Japan Organization of Clinical Dermatologists (56), 131-135, 1998-04-15
  • NAID 10011510796
  • 毒蛾皮膚炎とモンシロドクガ

関連リンク

2003年は静岡地方でチャドクガが大発生、年間の新患数も286人と5年前の137人を149人超しました。沢山の卵が越冬したと思わる2004年は毒蛾皮膚炎の新患数が61人でした。その翌年2005年の年間新患数は過去 ...
虫さされ 毒蛾(どくが)皮膚炎 毒蛾の幼虫のもつ毒針毛がヒトの皮膚に刺さって起こる皮膚炎のことである。 市街地でみられるのはほとんどチャドクガの幼虫の皮膚炎に限られていたが、 最近では山地へ住宅造成が侵入し、蛾の生態系に変化 ...

関連画像

BSmasaの情報連絡伝達所@Fenrirの 毒蛾皮膚炎秋に多い「毒蛾皮膚炎」毒蛾皮膚炎毒蛾皮膚炎毒蛾皮膚炎(毛虫皮膚炎症


★リンクテーブル★
関連記事皮膚」「」「皮膚炎

皮膚」

  [★]

skin
cutis
皮膚の構造




炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症


皮膚炎」

  [★]

dermatitis
皮膚皮膚炎症湿疹




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡