母性保護

出典: meddic

maternal care, maternity protection, maternity support

男女雇用機会均等法

  • 妊娠中・産後1年以内の健康診査を受ける時間の核hお、通勤緩和、休憩時間の延長、海図宇野増加、作業の制限、勤務時間の短縮、休業等の措置

労働基準法

  • 産前休暇産後休暇、危険有害業務の就業制限、軽易業務転換、変形労働時間の適用制限、時間外労働の制限、休日労働の制限、深夜労働の制限、育児時間の確保

育児・介護休業法

  • 育児休業制度、児の看護休暇制度、時間外労働の制限、深夜労働の制限、勤務時間の短縮

参考

  • 1. 女性と労働法 母性保護
[display]http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/boseihg.htm



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 1999 年施行の改正"母性保護"規定は機能しているのか ―総合職・専門職の女性たちへの聞きとり調査より―
  • 国際関係学研究 = The Study of International Relations 41, 27-43, 2015-03-11
  • NAID 120005605162
  • 平成26年度 第1回 晶子講座(要旨) 今こそ、「母性保護」から社会を問い直す (与謝野晶子記念館 開館特集号)
  • ILO条約を解説する 第16回 母性保護条約
  • Work & life = ワークアンドライフ : 世界の労働 2015(4), 71-73, 2015
  • NAID 40020561578
  • シンポジウム報告 男性不妊の不可視化と母性保護概念 : 非配偶者間人工授精は誰のための処置だったのか?
  • 家族研究年報 = Annals of family studies (40), 7-23, 2015
  • NAID 40020554180

関連リンク

(1)保健指導又は健康診査を受けるための時間の確保(法第12条) 事業主は、女性労働者が妊産婦のための保健指導又は健康診査を受診するために必要な時間を確保することができるようにしなければなりません。 ※ 健康診査等を受診 ...
母性保護のための「女性労働基準規則」を改正~生殖機能などに有害な物質が発散する場所での女性の就業を禁止、平成24年10月施行~
世界大百科事典 第2版 母性保護の用語解説 - 女性は男性と異なり,妊娠,出産,哺育という特有の母体機能をもっている。このような生理的・身体的特質に照らして,労働の場において女性を特別に保護する措置が,母性保護と総称されて ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み男女雇用機会均等法
リンク元労働基準法」「母子保健
関連記事保護」「母性

男女雇用機会均等法」

  [★] 雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律

労働基準法」

  [★]

the labor standard act, the labor standard law, Labour Standards Law
労基法
母性保護法令

第六章の二 妊産婦等

(坑内業務の就業制限)

第64条の二

  •  使用者は、次の各号に掲げる女性を当該各号に定める業務に就かせてはならない。
  • 一 妊娠中の女性及び坑内で行われる業務に従事しない旨を使用者に申し出た産後一年を経過しない女性 坑内で行われるすべての業務
  • 二 前号に掲げる女性以外の満十八歳以上の女性 坑内で行われる業務のうち人力により行われる掘削の業務その他の女性に有害な業務として厚生労働省令で定めるもの

(危険有害業務の就業制限)

第64条の三

  •  使用者は、妊娠中の女性及び産後一年を経過しない女性(以下「妊産婦」という。)を、重量物を取り扱う業務、有害ガスを発散する場所における業務その他妊産婦の妊娠、出産、哺育等に有害な業務に就かせてはならない。
  • 2 前項の規定は、同項に規定する業務のうち女性の妊娠又は出産に係る機能に有害である業務につき、厚生労働省令で、妊産婦以外の女性に関して、準用することができる。
  • 3 前二項に規定する業務の範囲及びこれらの規定によりこれらの業務に就かせてはならない者の範囲は、厚生労働省令で定める。

(産前産後) 産前休業、産後休業について定めている。

第65条

  •  使用者は、六週間(多胎妊娠の場合にあつては、十四週間)以内に出産する予定の女性が休業を請求した場合においては、その者を就業させてはならない。
  • 2 使用者は、産後八週間を経過しない女性を就業させてはならない。ただし、産後六週間を経過した女性が請求した場合において、その者について医師が支障がないと認めた業務に就かせることは、差し支えない。
  • 3 使用者は、妊娠中の女性が請求した場合においては、他の軽易な業務に転換させなければならない。

第66条

  •  使用者は、妊産婦が請求した場合においては、第三十二条の二第一項、第三十二条の四第一項及び第三十二条の五第一項の規定にかかわらず、一週間について第三十二条第一項の労働時間、一日について同条第二項の労働時間を超えて労働させてはならない。
  • 2 使用者は、妊産婦が請求した場合においては、第三十三条第一項及び第三項並びに第三十六条第一項の規定にかかわらず、時間外労働をさせてはならず、又は休日に労働させてはならない。
  • 3 使用者は、妊産婦が請求した場合においては、深夜業をさせてはならない。

(育児時間)

第67条

  •  生後満一年に達しない生児を育てる女性は、第三十四条の休憩時間のほか、一日二回各々少なくとも三十分、その生児を育てるための時間を請求することができる。
  • 2 使用者は、前項の育児時間中は、その女性を使用してはならない。

(生理日の就業が著しく困難な女性に対する措置)

第68条

  •  使用者は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならない。

第七章 技能者の養成

(徒弟の弊害排除)

第69条

  •  使用者は、徒弟、見習、養成工その他名称の如何を問わず、技能の習得を目的とする者であることを理由として、労働者を酷使してはならない。  →  医療職も当てはまりますか?
  • 2 使用者は、技能の習得を目的とする労働者を家事その他技能の習得に関係のない作業に従事させてはならない。

法令

[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22HO049.html
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22F03601000023.html



母子保健」

  [★]

maternal and child health MCH
母性保護母子保健法

母子保健の指標

  • 妊産婦死亡率:出産または出生に対する妊産婦死亡数の割合(妊娠中~妊娠終了後42日未満)
  • 死産率:出産に対する妊娠12週(妊娠4ヶ月)以後の胎児死亡数の割合
  • 出生数
  • 周産期死亡率:出産に対する妊娠22週以後から生後1週未満の児死亡数の割合
  • 新生児死亡率:出生に対する生後4週未満の死亡数の割合
  • 乳児死亡率:出生に対する生後1年未満の死亡数の割合

国試



保護」

  [★]

protectionconservationsafeguardprotectconservesafeguardguardian
保存保護作用保護者

母性」

  [★]

maternitymotherhoodmaternal
母性的妊婦母系的母系性母親母体




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡