歯胚

出典: meddic

tooth germ


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P-52 磁性ナノ粒子を応用したブタ歯胚上皮細胞の三次元培養に関する検討(生体材料,一般講演(ポスター発表),第66回日本歯科理工学会学術講演会)
  • 14歳女児にみられた上顎第一,第二大臼歯埋伏の1例 第2報 : 18歳での自然萌出
  • 歯周組織再生の最前線

関連リンク

歯胚の形成を説明。 歯の発生 歯の発生、特にセメント質と歯根膜の発生を理解することは、歯周組織再生療法を理解するのみならず、歯の再植や移植でなぜ根面に歯根膜が残ってい ることが重要であるかを理解する助けになるといえ ...
... 胚とは歯と歯周組織の原基である。歯胚は以下のような過程を経て形成される。すなわち歯堤が形成された後、歯牙の萌出位置に相当する領域の口腔粘膜上皮が増殖し、球状の肥厚部として歯蕾が形成される。そして、発生過程の ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事

胚」

  [★]

embryo
胚子
  • 多細胞生物の発生初期の個体。
  • 胎生の動物では胚は胚芽、さらに成長して胎児となる。
  • ヒトでは、発生第4週初期、扁平な三層性胎盤は、ほぼ円筒形の胚子になる。以後第8週末までの胚子期中に外観はいっそうヒトらしくなり、胚子内では内臓器官の形態形成が行われる。




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡