歯槽突起

出典: meddic

alveolar process
上顎骨



  • 上顎骨の構造物で、歯牙が配列するための高まり。


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ヒト頭蓋標本を用いた高精度な三次元画像の構築
  • 土持 航,中原 リザ子,新井 一仁
  • Orthodontic waves : 日本矯正歯科学会雑誌 70(2), 111-124, 2011-06-25
  • … 外側から上顎骨歯槽突起と歯にかけて,下顎頭から下顎角部にかけて,中顔面から下顎枝にかけて有意差が認められた.前後軸では,眉弓から鼻骨前頭縫合,鼻骨間縫合,眼窩上縁の内側の上顔面,中顔面では側頭頬骨縫合の上縁と下縁,下顎頭から下顎枝最前縁を除く下顎角部にかけて有意差が認められた.垂直軸では,前額部の眉間隆起部,頬骨から側頭頬骨縫合上縁部を除く上顎骨歯槽突起と歯にかけて,筋 …
  • NAID 110008913781
  • 上顎歯肉に発生した粘液腫の1例
  • 竹川 政範,松本 章,吉田 将亜 [他],近藤 英司,松田 光悦,三代川 斉之
  • 日本口腔外科学会雑誌 56(6), 365-368, 2010-06-20
  • … 腫瘍の外側1cmに切除域 を設定して、右上顎歯4から上顎結節を含む上顎歯槽突起部を切除を行った。 …
  • NAID 10027843083
  • 片側性口唇口蓋裂患者における術前顎矯正治療による歯槽形態の変化
  • 石田 彩,秦 雄一郎,玉置 幸雄,久永 豊,石川 博之,木下 浩二,大慈弥 裕之
  • 日本口蓋裂学会雑誌 35(1), 1-8, 2010-04-25
  • … また,歯槽部の断面形態の計測から両セグメント内側面間の距離の減少がみられ,これは歯槽突起および口蓋における内側への骨添加によるものと考えられた。 …
  • NAID 10029088677

関連リンク

上顎骨を構成するものは上顎骨体(上顎体)とそれに付随する前頭突起、頬骨突起、 口蓋突起、歯槽突起の4つの骨突起である。 ... 上顎骨体(羅名corpus maxillae、上顎 体とも)とは、上顎骨の構成部位のうち前頭・頬骨・口蓋・歯槽の各突起を除いた部分を ...
歯槽骨. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動: 案内, 検索. 歯槽骨( しそうこつ)とは、顎骨の骨体部と歯牙を結ぶ骨で歯槽突起とも言う。歯槽骨は、固有 歯槽骨と支持歯槽骨とに分けられる。人体の場合、解剖学的に独立した骨体ではない。

関連画像

歯槽突起を縦に骨折するものも 歯槽突起、しそうとっき、英  歯槽が並び、 歯槽突起 と


★リンクテーブル★
先読み上顎骨
リンク元副鼻腔」「歯槽堤
関連記事突起

上顎骨」

  [★]

upper jaw bone, maxillary bone
maxilla (M,N,KA)
頭蓋




  • 眼窩内側下部(N.2)、上あご、頬骨弓の裏


副鼻腔」

  [★]

paranasal sinus
sinus paranasalis, sinus paranasales
[[]]

副鼻腔

090108II
  内側 外側 前方 後方 交通路 交通先
前頭洞
 
頭蓋 眼窩         前頭鼻管 中鼻道
上顎洞
 
眼窩壁 歯槽突起 鼻腔 頬骨弓   翼口蓋窩   中鼻道
篩骨洞
 
前頭洞     眼窩壁       中鼻道(前篩骨洞)/
上鼻道(後篩骨洞)
蝶形骨洞
 
頭蓋壁     視神経管(上)/
後篩骨洞(下)
  頭蓋壁   上鼻道


臨床関連


歯槽堤」

  [★]

alveolar ridge
歯槽突起顎堤

突起」

  [★]

processprotrusion
加工過程突出プロセシングプロセスプロセッシング方法膨隆隆起工程突出症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡