橈骨

出典: meddic

radius (M)
尺骨




骨部位



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/05/23 16:20:26」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 橈骨遠位端骨折に対する観血的整復固定術 (特集 術前・術後のオキテを知ろう! 術前24時間~術後48時間の観察ポイントとケア)
  • 目貫 邦隆,酒井 昭典
  • 整形外科看護 = The Japanese journal of orthopaedic nursing 20(2), 157-161, 2015-02
  • NAID 40020353506
  • きかいと装具 橈骨遠位端骨折に対する新しい保存的治療の試み : 身体装着型骨折治療装置
  • 中光 紳一,永淵 慎一郎,筒井 隆夫 [他]
  • 整形外科 = Orthopedic surgery 66(2), 147-149, 2015-02
  • NAID 40020332096
  • 臨床室 前腕骨折術後に発生した遅発性橈骨神経浅枝障害の1例
  • 山崎 貴弘,板寺 英一,板橋 孝 [他]
  • 整形外科 = Orthopedic surgery 66(1), 31-33, 2015-01
  • NAID 40020305924
  • 経験と考察 橈骨遠位端骨折に対する前腕回旋中間位・垂直牽引下での掌側ロッキングプレート固定手術
  • 堂後 隆彦,市村 和徳,信清 正典 [他]
  • 整形外科 = Orthopedic surgery 66(1), 9-13, 2015-01
  • NAID 40020305737

関連リンク

橈骨(とうこつ)(羅名radius pl,radii)とは、四肢動物の前肢を構成する長骨の一つで ある。 ヒトの橈骨は、左右の前腕に1本ずつ存在し尺骨とともに前腕構造を支持している (親指に近いほうの骨が橈骨)。 近位端は馬蹄のような細長い構造をしており橈骨頭( とう ...
橈骨動脈(とうこつどうみゃく)は、ヒトの肘窩から手にかけて走行する動脈の解剖学的 名称である。 ... 脈拍の触知。手で橈骨動脈の触知が可能である場合、血圧は概ね 80mmHg以上である事が経験的に知られている。東洋医学に於いては橈骨動脈を指3 本で ...

関連画像

 に書いた橈骨神経麻痺の方④ 模型と思われるが?、橈骨 橈骨・尺骨図ふむう。なるほど、自分で気が 前腕構造図圖片相關說明 : 尺骨和橈骨的 は 橈骨 頚部 の 位置 を 示す


★リンクテーブル★
リンク元上肢の筋」「手の筋」「肢帯」「上腕二頭筋」「radius
拡張検索橈骨神経」「橈骨神経麻痺」「橈骨輪状靭帯」「橈骨動脈」「橈骨遠位端骨折
関連記事

上肢の筋」

  [★]

muscles of upper extremity
musculi membri superioris
上肢筋


関節で分類

肉単P 筋名   起始 停止 支配神経 機能
K-12 肩甲挙筋   C1-C4(横突起) 肩甲骨(上角内側縁上部) 肩甲背神経 肩甲骨の挙上、下方回旋
K-14 大菱形筋   T1-T4(棘突起) 肩甲骨(内側縁下部) 肩甲背神経 肩甲骨の後退、下方回旋
K-13 小菱形筋   C6・C7(棘突起) 肩甲骨(内側縁上方) 肩甲背神経 肩甲骨の後退、挙上、下方回旋
K-16 僧帽筋 上部 後頭骨、項靱帯 鎖骨(外側1/3) 副神経頚神経叢 肩甲骨の後退、挙上、上方回旋
T1-T6(棘突起)、棘状靱帯 肩甲骨(肩峰肩甲棘) 副神経頚神経叢 肩甲骨の後退
T7-T12(棘突起)、棘状靱帯 肩甲骨(肩甲棘) 副神経頚神経叢 肩甲骨の後退、下制、下方回旋
K-01 前鋸筋   第1~8肋骨(外側面中央部) 肩甲骨(内側縁肋骨面) 長胸神経 肩甲骨の前進、わずかに上方回旋、肋骨の挙上
  鎖骨下筋   第1肋骨肋軟骨の境界 鎖骨内側1/3の下面 鎖骨神経(第5・第6頚神経) 鎖骨を固定し下制する
K-03 小胸筋   第3~5肋骨 肩甲骨(烏口突起) 内側胸筋神経 肩甲骨の下制、わずかに下方回旋、肋骨の挙上
L-01 大胸筋 鎖骨鎖骨(内側1/2) 上腕骨(大結節稜) 内側胸筋神経外側胸筋神経 肩関節の内転、内旋、屈曲、水平屈曲
胸肋部 胸骨、第1~6軟骨 肩関節の内転、内旋、屈曲、水平屈曲
腹部 外腹斜筋腱膜 肩関節の内転、内旋、屈曲、水平屈曲
L-03 広背筋   T6-L5の棘突起仙骨腸骨 上腕骨(結節間溝小結節稜) 胸背神経 肩関節の伸展(後方挙上)、内旋、内転
M-01 三角筋 鎖骨部・前部 鎖骨(外側1/3) 上腕骨(三角粗面) 腋窩神経 肩関節の屈曲、内旋、水平屈曲
肩峰部・中部 肩甲骨(肩峰) 肩関節外転
肩甲棘部・後部 肩甲骨(肩甲棘下縁) 肩関節外転、伸展、水平伸展
L-12 小円筋   肩甲骨(外側縁・下角) 上腕骨(大結節) 肩関節の内転、伸展、外旋
L-10 棘上筋   肩甲骨(棘上窩) 肩甲上神経 肩関節外転
L-11 棘下筋   肩甲骨(棘下窩) 肩関節の外旋、伸展
L-13 肩甲下筋   肩甲骨(肩甲下窩) 上腕骨(小結節) 肩甲下神経 肩関節の内旋、水平屈曲
L-14 大円筋   肩甲骨(外側縁・下角) 上腕骨(結節間溝小結節稜) 肩関節の伸展(後方挙上)、内転、内旋
M-02 烏口腕筋   肩甲骨(烏口突起) 上腕骨(内側縁) 筋皮神経 肩関節の内転、屈曲
M-11 上腕二頭筋 長頭 肩甲骨(関節上結節) 橈骨(橈骨粗面) 肘関節の屈曲、前腕回外
短頭 肩甲骨(烏口突起) 橈骨(橈骨粗面)、前腕筋膜 肘関節の屈曲、前腕回外
M-17 上腕筋   上腕骨(遠位2/3の前面) 尺骨(尺骨粗面) 肘関節の屈曲
M-6 上腕三頭筋 長頭 肩甲骨(関節下結節) 尺骨(肘頭) 橈骨神経 肘関節の伸展
外側頭 上腕骨(後面) 肘関節の伸展
内側頭 上腕骨(前面) 肘関節の伸展
M-18 腕橈骨筋   上腕骨(外側上顆) 橈骨(茎状突起) 肘関節の屈曲、前腕回内回外位から半回内位に回旋
N-2 回外筋   上腕骨(外側上顆、外側下部) 橈骨(近位外側面) 前腕回外
P-1 長橈側手根伸筋   上腕骨(外側上顆)、尺骨(回外筋) 第2中手骨(底背面) 手関節背屈橈屈
P-2 短橈側手根伸筋   上腕骨(外側上顆) 第3中手骨(底背面) 手関節背屈橈屈
P-3 尺側手根伸筋 上腕骨頭 上腕骨(外側上顆) 第5中手骨(底背面) 手関節背屈尺屈
尺骨頭 尺骨(斜線と後縁) 第5中手骨(底背面) 手関節背屈尺屈
N-1 方形回内筋   尺骨(遠位1/4の前面) 橈骨(遠位1/4の前面) 正中神経 前腕回内
N-3 円回内筋 浅頭・上腕骨頭 上腕骨(内側上顆) 橈骨(中央の外側面) 前腕回内
深頭・尺骨頭 尺骨(鈎状突起) 橈骨(中央の外側面) 前腕回内
O-1 橈側手根屈筋   上腕骨(内側上顆) 第2中手骨、第3中手骨(底前面) 手関節の掌屈、橈屈
O-3 長掌筋   上腕骨(内側上顆) 手首の屈筋支帯手掌腱膜 手関節の掌屈、手掌腱膜の緊張
O-6 長母指屈筋   橈骨(中部の前面) 母指末節骨(掌側面) 母指の屈曲(主にIP関節)
O-4 尺側手根屈筋 上腕骨頭 上腕骨(内側上顆) 豆状骨豆中手靭帯第5中手骨 尺骨神経 手関節の掌屈、尺屈
尺骨頭 尺骨(肘頭、後面上部) 豆状骨豆中手靭帯第5中手骨 手関節の掌屈、尺屈


手の筋」

  [★]

肉単P 筋名 起始 停止 支配神経 機能
P-6 指伸筋 上腕骨(外側上顆) 第2-5指骨(末・中節骨底) 橈骨神経 第2-5指の伸展(DIP、PIP、MP関節)、手関節の背屈
P-7 小指伸筋 上腕骨(外側上顆) 小指(中・末節骨底) 橈骨神経 小指の伸展、外転
P-11 示指伸筋 尺骨(遠位の背面・骨間膜) 示指(中・末節骨底) 橈骨神経 示指の伸展、手関節の背屈
P-8 長母指伸筋 尺骨(中央背面) 母指(末節骨底の背面) 橈骨神経 母指の伸展(IP・MP関節)
P-9 短母指伸筋 橈骨(背面・骨間膜) 母指(基節骨底の背面) 橈骨神経 母指の伸展(MP関節)、外転
P-12 長母指外転筋 橈骨(背面・骨間膜) 第1中手骨(骨底外側) 橈骨神経 母指の外転、伸展
Q-10 短母指外転筋 大菱形骨舟状骨(屈筋支帯) 母指(基節骨外側) 正中神経 母指の外転
Q-5 母指対立筋 大菱形骨(屈筋支帯) 第1中手骨(前面) 正中神経 母指の対立、屈曲(CMC関節)
O-6 長母指屈筋 橈骨(前面中1/3) 母指(末節骨の掌側) 正中神経 母指を屈曲(IP・MP関節)
Q-1 短母指屈筋 大菱形骨小菱形骨(尺側・屈筋支帯) 母指(基節骨底の掌側) 正中神経尺骨神経 母指を屈曲(MP関節)
O-5 浅指屈筋 上腕骨(内側上顆)、尺骨(鈎状突起)、橈骨(外側) 第2-5指骨(中節骨の両側) 正中神経 第2-5指の屈曲(PIP関節)、手関節掌屈
O-7 深指屈筋 尺骨(上部1/3の前面) 第2-5指骨(末節骨の両側) 正中神経(第2-3指)、尺骨神経(第4-5指) 第2-5指の屈曲(DIP関節)、手関節掌屈
Q-12 虫様筋 深指屈筋腱(第2-5指の掌側) 指伸筋腱膜(第2-5指の背側) 正中神経(第2-3指)、尺骨神経(第4-5指) 第2-5指の屈曲(MP関節)、DIP関節・PIP関節の伸展
Q-8 背側骨間筋 中手骨(背側・側面) 指骨、指伸筋腱膜(基節骨底) 尺骨神経 第2-5指の外転
Q-9 小指外転筋 豆状骨(豆鉤靭帯) 小指(基節骨底の内側) 尺骨神経 小指の外転と屈曲(MP関節)
Q-3 短小指屈筋 有鈎骨(有鈎骨鈎) 小指(基節骨の内側) 尺骨神経 小指の屈曲(MP関節)
Q-6 小指対立筋 有鈎骨(有鈎骨鈎) 第5中手骨(尺側縁) 尺骨神経 小指の対立
Q-4 母指内転筋 第3中手骨(横頭)、第2中手骨(斜頭)、有頭骨小菱形骨 母指(基節骨底の内側) 尺骨神経 母指の内転
Q-11 掌側骨間筋 中手骨(掌側・側面) 指骨、指伸筋腱膜(基節骨底) 尺骨神経 第2,4,5指の内転
Q-2 短掌筋 手掌腱膜(中心部の尺側) 手の尺側の皮膚 尺骨神経 手掌内部の皮膚にしわを寄せる


肢帯」

  [★]

limb girdle
上肢帯肩帯腰帯


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%A2%E5%B8%AF

肢帯 (limb girdle) とは、脊椎動物の体幹中にあり四肢の基部となる骨格組織である。肩帯腰帯の2つがある。

概要

前肢の基部となる肢帯を肩帯、後肢の基部となる肢帯を腰帯と呼ぶ。前肢と後肢は魚類の対鰭(胸鰭・腹鰭)に由来しており古くは7対の対鰭をもつ魚類も存在したが、肩帯・腰帯以外の肢帯を持つ脊椎動物は未だ知られていない。四肢本体(自由肢)とは本来別の物であるが、文脈上自由肢も含めて言及されていることがある。

その主な機能は以下の2点である。

  • 四肢を動かす群の起始部・付着面となる。
  • 四肢の荷重を体幹に伝える。

肩帯

前肢の基部となる。構成骨は肩甲骨・前烏口骨・烏口骨・鎖骨・上鎖骨・間鎖骨などである。腰帯に比べて構成骨も多く、歴史も古い。詳しくは肩帯を参照のこと。

腰帯

後肢の基部となる。構成骨は腸骨・恥骨・坐骨が基本となる。この三種の構成骨は腰帯形成以来ほとんど変化がない。詳しくは腰帯を参照のこと。

構成骨の対応

自由肢においては上腕骨大腿骨橈骨脛骨尺骨腓骨のように前肢と後肢それぞれの構成骨格がかなりの確証を持って対応されられていることから、肢帯における構成骨格も肩帯と腰帯で対応させられることがある。

例えば、背側にある構成要素(腰帯では腸骨)・腹側で関節窩の前方にある構成要素(同じく恥骨)・腹側で関節窩の後方にある構成要素(同じく坐骨)に肩帯を対応させ、【腸骨/恥骨/坐骨】と【肩甲骨/前烏口骨/烏口骨】、または【肩甲骨/鎖骨/前烏口骨】が対応するとされる。

しかし、腰帯の構成骨がその進化を通じてほぼ三種だけであること・腰帯の構成骨は全て内骨格性骨格であることに対し、肩帯の構成骨は進化の中で現れたり消えたり多種にわたる上に内骨格性骨格だけでなく皮骨性骨格も含むことから、どれがどれに対応するかは人によって意見が異なり、真に対応が見られるのかについても疑問が持たれている。例に挙げた対応では、前者は烏口骨は肩帯進化の中でかなり後半になってから現れた構成骨であること、後者は恥骨は内骨格性骨格であるのに鎖骨は皮骨性骨格であること、などの問題がある。最近ではあまり肢帯の構成骨における前後の対応や相同性については言及されないことが多い。


上腕二頭筋」

  [★]

biceps brachii (K.M-11), biceps brachii muscle, biceps
musculus biceps brachii
烏口腕筋上腕筋
  • 図:N.407,414
筋名 起始 停止 支配神経 機能
上腕二頭筋長頭 肩甲骨(関節上結節)→ 橈骨(橈骨粗面) 筋皮神経 肘関節屈曲前腕回外
上腕二頭筋短頭 肩甲骨(烏口突起) 橈骨(橈骨粗面)前腕筋膜 筋皮神経 肘関節屈曲前腕回外

Arm muscle anterior N 414.jpg

  1. ref(biceps_brachii.png,上腕二頭筋)

カテゴリ

上腕の筋>:上腕の筋



radius」

  [★] 橈骨

WordNet   license wordnet

「the length of a line segment between the center and circumference of a circle or sphere」
r

WordNet   license wordnet

「a straight line from the center to the perimeter of a circle (or from the center to the surface of a sphere)」

WordNet   license wordnet

「a circular region whose area is indicated by the length of its radius; "they located it within a radius of 2 miles"」

WordNet   license wordnet

「the outer and slightly shorter of the two bones of the human forearm」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「半径 / (行動・活動・能力なのどの)及ぶ範囲《+『of』+『名』》 / 橈骨(とうこつ)(上腕の骨の一つ)」


橈骨神経」

  [★]

radial nerve
nervus radialis
筋皮神経正中神経尺骨神経腋窩神経腕神経叢




筋:上腕・前腕の伸筋、回外筋
皮:手の背側で橈側2.5指

由来

支配

  • 上腕の筋枝(後区域の伸筋)
  • 前腕の伸筋(後区域の伸筋) ←(Red,b){注意};:後骨間神経として
  • 上腕の皮枝 (N.461)
  • 手の皮枝
  • 橈骨神経浅枝・背側指神経:手掌の背側で第4指半分から外側へ第1指まで

走行 (KL.131)

臨床関連



橈骨神経麻痺」

  [★]

radial nerve palsy
saturday night paralysis
橈骨神経下垂手


橈骨神経 正中神経 尺骨神経
下垂手 猿手 鷲手
祝福の手
尺骨神経麻痺 正中神経麻痺 橈骨神経麻痺
小指球筋萎縮   母指、示指の屈曲障害 (祈祷手) 手関節背屈障害 (下垂手)
骨間筋萎縮 母指球の萎縮
(猿手) 指MP関節進展 (下垂指)
中節・末節屈曲位 (鷲手) 母指の対立障害  
指内転・外転不能 (フロマン徴候陽性)  


橈骨輪状靭帯」

  [★]

anular ligament of radius (M,N,K), annular ligament (KH), anular ligament (M,KL)
橈骨
  • 図:M.448
  • 橈骨頭をぐるっと取り巻くように輪走する靭帯

機能


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


橈骨動脈」

  [★]

radial artery (M)
arteria radialis
上腕動脈



  • 肘窩あたりで分岐

由来

走行

橈骨動脈の脈

M. 440
  • 橈骨の遠位端であって、橈側手根屈筋の外側-長母指外転筋・短母指伸筋の腱と長母指伸筋が作る解剖学的嗅ぎタバコ入れの底


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



橈骨遠位端骨折」

  [★]

distal radius fracture, fracture of the distal radius



骨」

  [★]

bone
os
骨格






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡