極位眼振

出典: meddic


関連リンク

また左右側方注視眼振の検査では、正面視から30度側方注視で眼振が認められるか 否かを基準とする。30度以上側方注視では極位眼振が一過性に現れるが、この場合は 病的な意義づけがない。 以下の項目では病的か生理的かを基準に病的眼振と生理的 ...
眼振については、その方向、振幅の大きさ、頻度を観察する。極端に側方を見たときにも 一過性に眼振がおこるが、これは極位眼振と呼ばれ、病的意義が少ない。 眼振には 色々な方向の動きを示すものがある。このうち水平性眼振がもっとも多く、垂直眼振や ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事眼振

眼振」

  [★]

nystagmus
眼球振盪眼球振盪症
共同眼振律動眼振病的眼振反跳眼振陥没眼振輻輳眼振、注視眼振

概念

  • 眼球の不随意的往復運動
  • 眼振には眼球が緩徐に動く緩徐相と急速に動く急速相からなる。
  • 急速相の方向が眼振の方向である。

分類






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡