椎骨

出典: meddic

vertebral bone, vertebra vertebae
脊椎骨



種類

頚椎 cervical vertebrae 7
胸椎 thoracic vertebrae 12
腰椎 limbar vertebrae 5
仙椎 sacral vertebrae 5
尾椎 coccygeal vertebrae 1(5-6)

特徴

  環椎 軸椎 頚椎 胸椎 腰椎
椎体の特徴 なし 歯突起 小型で、横径前後径より長い。上面は凹み、下面は膨らむ 心臓型である。肋骨頭関節する(facet)を持つ 巨大。上方ないし下方から見ると腎臓
椎孔の特徴 歯突起が通る   大型で三角 円形で、頚椎腰椎よりも小型である。 三角形。胸椎よりも大きく、頚椎よりも小さい。
横突起の特徴 横突孔がある。 横突孔がある。 横突孔がある。第7頚椎では小型あるいは欠如。椎骨動脈伴行静脈交感神経叢が横突孔を通るが、ただし第7頚椎では小さな頚静脈を通すのみ。前結節後結節がある。 長く丈夫で、後外側に伸びる。第1から第12胸椎に向かって短くなる(第1~第10胸椎には肋骨結節関節するための関節面がある) 長く細い。この突起の基部の後面に副突起がある。
関節突起の特徴 後頭顆を受ける 下関節面は下前方に向く。 上関節面は上後方に向く。下関節面は下前方に向く。 上関節面は後方やや外側に向く。下関節面は、前方やや内側に向く。 上関節面は後内側(ないし内側)を向く。下関節面は、前外側(ないし外側)を向く。上関節突起の後面には乳様突起がある。
棘突起の特徴 なし 先が二分する 第3~第5頚椎では短く先が二分する。第6頚椎では長いが、第7頚椎ではさらに長い。 長く後下方に傾斜する。先端は下位の椎体の高さに達する。 短く丈夫である。
その他 前弓後弓前結節後結節歯突起窩 歯突起      


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/07/23 14:58:49」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 椎骨動脈の走行変異のためC6横突起と喉頭軟骨によって生じた動脈解離の1例
  • 中元 ふみ子,前田 明子,森 健太郎 [他]
  • 臨床神経学 = Clinical neurology 54(7), 589-592, 2014-07
  • NAID 40020149857
  • 臥位姿勢における矢状面脊椎骨盤アライメント (日本腰痛学会 特集号)
  • 山田 朱織,星 徹,小日向 肇 [他]
  • Journal of spine research : official journal of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research 5(6), 944-950, 2014-06
  • NAID 40020144446
  • ツキノワグマ(Ursus thibetanus japonicus)における椎骨の基本数と第一腰椎および腰仙結合部における形態変異
  • 中村 幸子,横山 真弓,斎田 栄里奈 [他]
  • 哺乳類科学 54(1), 43-51, 2014-06
  • NAID 40020138625
  • 症例報告 左椎骨動脈分枝異常を認めた甲状腺乳頭癌の1例
  • 小久保 健太郎,林 昌俊,栃井 航也 [他]
  • 日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌 = Official journal of the Japan Association of Endocrine Surgeons and the Japanese Society of Thyroid Surgery 31(2), 158-160, 2014-06
  • NAID 40020098776

関連リンク

椎骨(ついこつ)または脊椎骨(せきついこつ)(vertebra)は、脊椎の分節をなす個々の 骨のことで縦一列に並んでおり、ヒトの場合上から順に頚椎7個、胸椎12個、腰椎5個、 仙椎5個、尾椎4個の33個存在するが、仙椎および尾椎はそれぞれ癒合しており、仙骨 ...
左の椎骨動脈は左鎖骨下動脈に、右の椎骨動脈は右鎖骨下動脈に由来し、第六頚椎 から第一頚椎にかけて存在する左右の横突孔内を下から上に貫通する。第一頚椎の横 突孔を出ると内側に蛇行し、硬膜を突き破って脊髄腔内に入り、そのまま脊髄に沿って ...

関連画像

医療法人 佳朋会 脳神経外科 や 椎 間 関節 の 変性 椎骨 椎骨椎弓どうしは靭帯でつなが 椎骨お 年 を 召された 方 で 椎骨 仰向けになって一直線になると 背骨は24個の椎骨が尾骨・仙骨

コメント

投稿日:2010-11-09

骨粗鬆症の方は海綿骨が疎になる。その代わりに血管が豊富に存在し、椎体損傷時に出血が止まりにくいことはあるのかしら?


★リンクテーブル★
国試過去問105E019
リンク元頚椎」「メモ」「第12胸椎」「鉤状突起」「椎弓根
拡張検索内椎骨静脈叢」「椎骨骨折」「外椎骨静脈叢
関連記事

105E019」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 105E018]←[国試_105]→[105E020

頚椎」

  [★]

vertebra, spine
cervical vertebra, cervical vertebrae (N), cervical spine
vertebrae cervicales
椎骨胸椎腰椎頚髄




頚椎の評価

研修医当直御法度 第5版 p.185
  • ABCDで読む
  • アライメント、骨、軟骨、(軟部組織の)距離

臨床関連

  概念 疫学 自覚症状 他覚症状
頚椎症状 神経根症状 脊髄症 神経根症 脊髄症
頚椎椎間板ヘルニア 椎間板の退行変性に基づく線維輪断裂部からの椎間板組織の脱出。後方正中ヘルニア→脊髄症。後側方のヘルニア→神経根圧迫 30-50歳代。男性。中下位頚椎 喉頭・頚部から肩甲背部の疼痛、しびれと頚椎運動制限を呈する。通常頚椎の運動時に増悪し、安静にて軽快する。 一側の肩甲背部の疼痛、上肢へ放散する疼痛、しびれと感覚障害、脱力、筋萎縮、筋の線維性攣縮などを呈する 感覚以上は手指、手掌全体に及ぶしびれ感が主体で、体幹、下肢に広がる。運動系では、手指巧緻運動障害を訴える。下肢痙攣麻痺(ぎこちない歩行、階段下降時に手すりが必要、走れない)。進行すると膀胱直腸障害を自覚 神経障害部位に一致した上肢の筋力低下、および筋萎縮、感覚障害、腱反射減弱。Spurlingテスト陽性が多い。 上肢に障害髄説に一致した腱反射低下、筋力低下。それ以下は錐体路障害による腱反射亢進(Hoffmann反射、Rossolimo徴候、Mendel-Bekhterev反射、膝・足クローヌス陽性)。手指巧緻運動障害。感覚障害は初期に上肢、故知に体幹・下肢に拡大。腹壁反射、睾丸挙筋反射消失。Babinski反射陽性。排尿障害は軽微
変形性頚椎症 椎間板の退行変性により、椎間板腔の狭小化、椎体近縁の骨硬化・骨棘形成、椎間関節の狭小化などを生じる。これにより、可動域制限、疼痛、こり感などの局所症状を呈した状態 中下位頚椎。高齢者ではC3-4椎間。 椎間板および椎間関節の変形などによる頚肩部の疼痛、運動制限        
頚椎症性神経根症 変形性頚椎症に加え、神経根症を呈した状態   圧迫に伴う神経根刺激症状として、上肢のしびれ、放散痛、感覚異常(後根)がある。   Jacksonテスト、Spurlingテスト陽性。神経脱落症状としては、感覚鈍麻、脱失および上肢の脱力、筋萎縮筋の線維束攣縮が見られる。  
頚椎症性脊髄症 頚椎症性神経根症に加え、脊髄症を合併した状態。         上肢における巧緻運動障害、myelopathy hand、下肢腱反射亢進、病的反射の亢進、痙性歩行障害などの痙性麻痺および神経因性膀胱などが見られる。
頚椎後縦靭帯骨化症 椎体および椎間板の後面にあり脊柱管の前壁をなす後縦靭帯が肥硬・骨化し、脊髄を緩徐に圧迫して脊髄症状を引き起こす疾患。 後縦靭帯骨化:男性4%、女性2%。 頚椎可動性の減少、肩こり、頚部痛が見られる。重要な障害は圧迫による脊髄症の麻痺症状である。一般に脊髄症は緩徐に進行する。外傷を契機に急激に悪化する場合もある。受診時に、多くの患者は種子のしびれや巧緻運動障害、下肢の痙性麻痺による歩行障害を呈する。


メモ」

  [★]

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%82%AF%E3%83%A8-%EF%BE%85%EF%BE%8C-150-KOKUYO-%E3%83%8A%E3%83%95-150-%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%B0%E5%90%8D%E6%9C%AD%E5%AE%89%E5%85%A8%E3%83%94%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E4%B8%A1%E7%94%A8%E5%9E%8B%E5%90%8D%E5%88%BA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E7%94%A8%E3%83%A8%E3%82%B3%E5%9E%8B%E6%9C%AC%E4%BD%93R-PP/dp/B000NNK5A4/ref=sr_1_22?ie=UTF8&qid=1338660835&sr=8-22


解剖学用語について-改訂を検討中

  • 椎骨の呼び方をを略しています。学術的には正しくないです。
第1頚椎  → C1椎体
第10胸椎 → T10椎体
第3腰椎  → L3椎体
  • 脊髄の呼び方を略しています。学術的には正しくないです。
第8頚髄  → C8脊髄
  • 脊髄神経から出る神経の呼び方を略しています。学術的には正しくないです。
第4腰神経 → L4神経

ツール

確認

要学習

リンク

第12胸椎」

  [★]

T12 12th thoracic vertebra
椎骨胸椎脊髄


芸能人

  • スギちゃん、第12胸椎骨折で全治3か月:12胸椎破裂骨折
事前に10時間のインストラクターの講習を受け、飛び込みに臨んだと言うスギちゃん。この時も、インストラクターの指導に従って、頭からでなく、足から飛び込んだらしい。


鉤状突起」

  [★]

coronoid process
uncinate process
ルシュカ関節
鈎状突起

膵臓の鉤状突起

頚椎の鉤状突起

椎骨

尺骨の鉤状突起

coronoid process
processus coronoideus
橈骨


篩骨の鉤状突起

uncinate process of ethmoid
processees uncinatus


椎弓根」

  [★]

pedicle of vertebral arch, pedicle
pediculus arcus vertebrae
椎骨椎弓



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

臨床関連



内椎骨静脈叢」

  [★]

internal vertebral venous plexus
plexus venosi vertebrales interni
硬膜外静脈叢 epidural venous plexus
  • 椎孔の中にしめる場所により以下の2つに分かれる。N. 166


-硬膜外静脈叢


椎骨骨折」

  [★]

vertebral fracture
椎体骨折脊椎骨折

外椎骨静脈叢」

  [★]

external vertebral venous plexus


骨」

  [★]

bone
os
骨格






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡