椎体骨端核遺残

出典: meddic

関連リンク

解剖等 椎間板は 椎間関節を連結する軟骨性組織であり、繊維輪、髄核、軟骨板の三要素からなっている。 骨端軟骨の閉鎖が全脊柱の中でもっとも遅いため、 20 歳代初期までその遺残が証明され、椎体の骨性終板と椎間板の軟骨板との ...
椎体、椎間面、輪状骨端 (環状骨端)、椎弓、椎弓根、椎弓板、椎間孔、上椎切痕、下椎切痕 ... 大きい。頚椎の横突起は他の椎骨に比して著しく幅が広く、かつ短い。その前半は肋骨の遺残であり、後半は本来横突起であって ...

関連画像

たら本28「あなたの街が舞台 たら本28「あなたの街が舞台 外傷後、左大腿骨遠位骨端線 たら本28「あなたの街が舞台


★リンクテーブル★
関連記事遺残」「椎体

遺残」

  [★]

remnant
  • 発生過程において本来退化すべき組織または器官が、退化せずに残るか、あるいは器官形成期の状態に留まっていること。


椎体」

  [★]

vertebral body
corpus vertebrae
椎骨





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡