梗塞後心室瘤

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 53)心不全を繰り返し瘤切除・左室形成術を必要とした陳旧性心筋梗塞後心室瘤の評価にMRIが有用であった1例(第204回日本循環器学会関東甲信越地方会)
  • 相澤 芳裕,渡辺 康夫,國本 聡,高山 忠輝,本江 純子,川野 太郎,市川 誠,石井 信朗,遠藤 正賢,知久 正明,横山 真一郎,橋本 賢一,山田 健史,渡辺 一郎,平山 篤志,斎藤 穎,依田 真隆,瀬在 明,秦 光賢,南 和友
  • Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 71(Supplement_III), 951, 2007-10-20
  • NAID 110006478817

関連リンク

心室瘤は、左冠動脈前下降枝 (LAD) 梗塞の結果として心尖部に生じることが多い。 心筋梗塞治療後も遷延する ST上昇の原因の一つである。破裂しやすく、心タンポナーデ の原因となる。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事心室瘤」「心室」「梗塞

心室瘤」

  [★]

ventricular aneurysm
心臓瘤 cardiac aneurysm
左室瘤左心室瘤

概念

  • 左室の表面が限局性に突出し、同時に内腔の膨出を伴った状態、あるいは左室造影上収縮期、拡張期の全経過を通じて本来の左室腔より膨隆しているものを心室瘤と呼ぶ。

病型

  • 好発部位:左室前壁・心尖部
  • 頻度:急性心筋梗塞例の5-10%に見られる。
  • 予後:急性期には破裂することがあるが、慢性期には破裂することはないが、不整脈のfocusとなり致死性不整脈を起こしたり、壁在血栓を形成し血栓塞栓症を発症しうる。
  • 仮性心室瘤:心室壁の破裂に伴う血栓の周辺部が心嚢と癒着・線維化して瘤壁を形成
  • 好発部位:後壁に好発
  • 予後:破裂の危険が高く緊急手術の適応

疫学

  • 心筋梗塞をきたした患者の10%前後に発生

病因

  • 心筋梗塞(最多)
  • 先天性・外傷性・細菌性心内膜炎による心筋膿瘍

検査

  • 心エコー
  • 心電図:心筋梗塞発症後に異常Q波が出現する誘導でST上昇が持続するときには、壁運動異常(akinesis/dyskinesis)が生じていると考えられ、心室瘤が疑われる。(ECGP.177) (普通ST上昇は数日の経過で正常化(cf.心筋梗塞#心電図の異常波形と時間経過 )

治療

手術療法

  • 心室瘤切除術
  • ドール手術:心筋梗塞後左室瘤に対する左室形成術
  • Dor V, Saab M, Coste P, Kornaszewska M, Montiglio F., Left ventricular aneurysm: a new surgical approach., Thorac Cardiovasc Surg. 1989 Feb;37(1):11-9.
  • PMID: 2522252



心室」

  [★]

ventricle (KH)
ventriculus
心房

生理学

  • 循環血液量↑、心室拡張性↑ → 拡張期心室容量↑
  • 循環血液量↓、心室拡張性↓ → 拡張期心室容量↓
  • 末梢血管抵抗↑、心室収縮性↓ → 収縮期心室容量↑
  • 末梢血管抵抗↓、心室収縮性↑ → 収縮期心室容量↓




梗塞」

  [★]

infarct, infarction
infarctus
虚血性壊死
心筋梗塞 myocardial infarction





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡