梅毒凝集法

出典: meddic


和文文献

  • 梅毒凝集法(入門講座 血清)
  • 梅毒凝集法(定量法)の凝集価について

関連リンク

梅毒血清反応には、カルジオリピン、レシチンのリン脂質を抗原とする脂質抗原検査(STS)と梅毒トレポネーマ(TP)由来の抗原を用いる検査の2つの方法があります。 STSにはガラス板法、RPR法、凝集法、緒方法があり ...
梅毒 STS法 臨床的意義 STSは梅毒感染後、2~5週(測定法により多少異なる)で陽性となりついでFTA-ABS法がやや遅れてTPHA法が陽性となる。近年用いられるようになった自動測定法の陽転期はTPHA法より少し早いか同程度である。

関連画像

 诊断试剂盒(明胶颗粒凝集法Evaluation on the performance of a latex  诊断试剂盒(明胶颗粒凝集法 诊断试剂盒(明胶颗粒凝集法次に、弊社梅毒TP/RPR試薬の特長


★リンクテーブル★
関連記事梅毒」「凝集」「

梅毒」

  [★]

syphilis
ワッセルマン反応
  • first aid step1 2006 p.145,163,173

定義


症状

検査




凝集」

  [★]

agglutinationaggregationaggregateagglutinateclumpaggregate
凝集塊凝集体集合集合体凝集物アグリゲート


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡