核小体分離

出典: meddic

関連リンク

かな: カクショウタイブンリ 【英】: isolation of nucleolus 本文: 核小体の生化学的機能を追究するためには,核小体の分離・精製が必須である.主なものは次の3つである. 1)超音波法:最も優れた方法であり,現在広く使われている.Ca 2+ またはMg ...
>一般に、核抽出物の調製法は、 >最初に低張液で細胞を壊し、 >max回転で遠心 (上清:細胞質画分を除去) いや、max回転するの一般的でないですよ。 たぶんどっかで間違った情報が混ざってます。 普通というかオリジナルのDignamの ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事分離」「核小体

分離」

  [★]

separationisolationsegregationdisjunctionseparateisolatesegregatedissociateresolvediscrete
アイソレーションアイソレート解決回復解離隔離絶縁単離分域分解分散偏折別々分ける分別消散別離


核小体」

  [★]

nucleolus
, 核仁
細胞


  • 淡青色ないし濃青紫色に染色される
  • リボソームのRNAの合成の場
  • 光顕で明らかな核小体の見られる場合は一般に未熟な細胞


-nucleolus




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡