東京慈恵会医科大学附属第三病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 東京慈恵会医科大学附属第三病院

url

理念

  • 笑顔と緑が溢れる第三病院へようこそ!!!建学の精神「病気を診ずして病人を診よ」東京慈恵会医科大学は、最も伝統のある私立医科大学として、120年以上の歴史を積み重ねてきています。その歴史は明治14年に発足した成医会講習所、また民間初の施療(無料で医療を促す)病院である有志共立東京病院に始まり、その後幾多の変遷を経て、現在は4病院合計2664床を有し、高度医療を提供する総合医療機関となっています。当大学の建学の精神は「病気を診ずして病人を診よ」です。この言葉には、「病気は心や体にあっても、病み苦しんでいるのは“人”そのものである。私たちは単に治療だけでなく、病み悩める人に全力で尽くし、不安を取り除き、慰め、生きる勇気を引き出し、満足度を得られるようにしなければならない」という意味が込められており、患者さま中心の医療を提供することを第一に考えています。ぜひ当院のホームページをご覧ください!http://www.jikei.ac.jp/boshuu/kensyuu/daisan/index.html

住所

  • 〒201-8601 狛江市和泉本町4-11-1

診療の特徴、実績

  • 北多摩南部医療圏に属する当院は狛江、調布、世田谷地区の基幹病院として、地域に密着した医療を展開すると共に高度先進医療を提供しています。東京都災害拠点病院、2次救急担当病院となっており、病院は緑多き自然の中にあり、一般病棟に加えて森田療法センター・結核病棟・リハビリテーション病棟をも備えています。小児や高齢者の患者さんの割合が多いことから、子育て教室や在宅療養相談、狛江市からの要請に応じた訪問リハビリ。小児初期救急平日夜間診察を行う等、地域に根ざした医療の提供に積極的に取り組んでいます。2003年に開設した新手術棟・ICUは高度医療・安全な治療環境と共に、日帰り手術、一泊入院手術など多様なニーズにも応えています。このような研修医となる皆様にとって専門職としての知識・技術を着実にレベルアップさせる環境が整っています。

電子カルテ

  • 無し

一日平均入院患者数

  • 502.0人

一日平均外来患者数

  • 1,449.1人

平均在院日数(一般/精神)

  • 14.1日/75.0日

年間分娩件数

  • 304件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 27件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/4回

当院の救急医療の特徴

  • 当院は北多摩南部医療圏の2次救急担当病院であり、内科、小児科、外科の3科体制を軸として他診療部も当直体制にて救急受入が可能となっています。地域柄子供が多いため、小児初期救急夜間診察を行う等、幅広い地域の救急ニーズに応えています。ハード面では十分にスペースを確保した処置室に加え、新たに手術室も設け、小手術程度はほとんど救急部内での対応が可能となっています。また、オーバーナイトで経過観察を要する患者さんのためのベッドを3床から5床に増床し、ご要望があれば給食サービスを行えるようにもしました。今後も地域の救急医療に対する当院の役割を担うべく、さらにハード・ソフト両面から整備してまいります。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全科

一日平均救急外来患者数

  • 55.3人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 8.5人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 39人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り(研修医宿日直手当規程に基づく、その他年末年始手当等有)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 15人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 6人

勤務体制

  • 救急ローテイト時は、日勤、夜勤の2交替制勤務となります。

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 研修の最大の目的は、患者の呈する症状と身体所見、簡単な検査所見に基づいた鑑別診断、初期治療を的確に行う能力を獲得することです。第三病院の研修で良い診療習慣を身につけて欲しいと思います。習慣は固定化します、最初にどのような診療態度を習慣として身につけるかが、今後医師として長く活躍していく土台となります。どんな患者さんが来ても怖がらないで、まず、診察する医師になってください。科学者として観察眼と思考力を、人として人に興味を持ってください。第三病院では皆さんを早く医師として扱いたいと考えており、日々の診療の中‘教育’が行われます。そのお互いのやりとりの中で指導医をはじめスタッフは‘共育’を実感しています。ぜひ積極的に診療に係わっていってください。共に知的好奇心を満足させる‘たのしい’‘充実感のある’臨床を、そしてこの2年間で‘良い仲間’をつくってください。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • みなさんは初期臨床研修に何を求めますか?これはどんな医者を目指したいのか?研鑽を積む第一歩と考えて良いと思います。複数の病院で研修できるわけではありませんから、他施設と比較することはできません。ですから研修病院を選ぶ際には自分が研修において何を重要視するのか、これが最大のポイントだと思います。時間的なゆとりが欲しい、仕事量を多くこなしたい、技術を積みたい、人それぞれだと思います。私は、時間の余裕がありすぎて医療以外への興味が大きくなってしまっては残念だと思いますし、かといって忙しすぎると充実感あれども自分の目標を見失ってしまう危険があると考え、その点ではこの病院の研修システムはかなりバランスが取れているのではないかと思います。そこで私がこの病院の魅力について、少しでも参考になればと思い、私なりの2年間の感想を伝えようと思います。私がこの病院で研修させていただいてよかったと思う最大の特徴は「出会い」です。こんな医者になりたいと思うような素晴らしい上級医師に数多く出会えました。これが私の原動力であり、宝です。私は患者さんの力になれる医者になりたいと思っていました。しかし研修医になった直後は自分の無力感との戦いで、そんな時は余裕もなく見栄を張りたい気持ちもあり、患者さんを診るより患者さんの病気を研究していたように思えます。そんな自分が本質を失っていることに気がつくことができたのは、まさにこれらの出会いがあったからです。尊敬できる上司とめぐり会えたことは私自身のモチベーションの向上にもつながりました。同様に看護師やコメディカルも尊敬すべき方々に多く出会えました。なぜだろうと考えると、この病院では縦や横、つまり科や職種の隔たりが少ないためではないかと思います。職員全員で協力して患者さんをサポートできる、このためには医療従事者同士が遠慮しないで、良い意味で片意地張らずにコミュニケーションを図ることは絶対と考えます。そのようなわけでこの病院は働く環境としても非常に恵まれているのではないでしょうか。私自身はこの病院のこの雰囲気にある意味助けられ、これからの後期研修に向け高い意欲を培うことができ、いずれはこの病院の役に立てるような一人前の医師に、そして素晴らしい先輩方の仲間に入れるように精進したいと思っています。細かい特徴はまだまだあります。(選択科の期間が長い、ユニフォーム支給、手術室・ICUがキレイ、森田療法を学ぶ、寮は病院敷地内、駐車料金安い、緑が多い、昼食絶品などなど)是非数日間見学にいらして、この雰囲気を体感していただけたらと思います。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/04 19:58:22」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • がんのチーム医療・施設訪問(11)チーム一団となって患者さんの栄養状態改善に対処 東京慈恵会医科大学附属第三病院(東京都狛江市)
  • 「外科医のすすめ」:慈恵第三病院外科における医学科臨床実習の実際 : 慈恵第三病院外科におけるクリニカル・クラークシップの経験(特別寄稿)
  • 保谷 芳行,岡本 友好,矢部 三男,羽生 健,諏訪 勝仁,藤岡 秀一,田部井 功,佐藤 修二,矢永 勝彦
  • 日本外科学会雑誌 116(2), 128-132, 2015-03-01
  • NAID 110009919286

関連リンク

概要、組織、関連施設の紹介。
京王線, 京王バス つつじヶ丘行 慈恵第三 病院下車, 調布駅から約8分. 小田急バス ...

関連画像

東京慈恵会医科大学附属第三 附属第三病院紹介東京慈恵会医科大学附属第三 東京慈恵会医科大学附属第三


★リンクテーブル★
関連記事医科」「大学」「医科大学

医科」

  [★]

medical departmentmedical
医学医学上医学的医薬医用メディカル医療用


大学」

  [★]

universitycollegeUniv
単科大学

医科大学」

  [★]

medical university
医大




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡