東京女子医科大学病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 東京女子医科大学病院

url

理念

  • 生命を尊重し、患者一人一人の人間性を尊重した、医療倫理の徹底した病院。科学的根拠に基づいた十分な説明で、納得していただきご意見や要望をお聞きした上で、最も適した診療を心がける。患者さんへの情報公開に努め患者さんの話を良く聞き、誠意を持って迅速に対応し公明正大に振る舞う。患者さんのプライバシーを守り、安全かつ最新の医療を提供し、療養環境の良い病院地域連携活動を発展させ地域医療機関との密な連携の中で、地域基幹病院としての役割をよりよい形で発揮する患者さんの早期治癒を目指して、最良のパートナーとなるよう、安全・誠実・奉仕・迅速・微笑みの精神で奉仕

住所

  • 162-8666 新宿区河田町8番1号

診療の特徴、実績

  • 「至誠と愛」を基本理念として先端的な診療体系を構築しながら常に時代の医療を牽引する役割を果たしてきた。大学病院は、明日の医療を担う人材を育てる教育機関でもある。臨床修練は初期教育が重要であると言われており、この観点からも医療を目指す学生、研修医に日常の診療の中であるべき医療の姿を体得させることは本病院の責務と考え、患者との十分なコミュニケーションを確立、機能的な医療体制、かつ医療の原点である「こころ」を持ちながら、真摯な態度で安全かつ最良の医療を、常に患者さんの視点に立ちながら、安心して納得のいく医療の提供へ向け全力で取り組んでいる。本病院は特定機能病院、救急告示病院、救命救急センター、地域がん診療連携拠点病院、治験拠点診療医療機関、エイズ診療拠点病院、神経難病医療拠点病院、災害拠点病院、移植認定施設(心臓・腎臓・膵臓・骨髄)、総合周産期医療センター、母体保護法指定病院、肝臓専門医療機関等の指定病院であり、また、各学会の教育病院でもある。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 1,064.0人

一日平均外来患者数

  • 4,021.0人

平均在院日数(一般/精神)

  • 14.8日/66.6日

年間分娩件数

  • 846件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 58件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/27回

当院の救急医療の特徴

  • 一次・二次・三次救急医療を行っている。昼間の救急医療は総合外来センターで行っているが、夜間救急は三次救命救急センターに隣接した救急外来で一次二次救急診療を行っている。東京都救急医療体制(内科・外科・小児科)の協力を行っている。また、周産期医療・脳卒中医療連携協力病院でもある。三次救命救急センターは厚生労働省指定のセンターであり、あらゆる分野の重篤患者を受け入れており、必要な場合は院内の専門医と協力し治療に当たっている。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 救命救急センター/総合診療科/内科/外科/小児科/精神科/脳神経外科/整形外科

一日平均救急外来患者数

  • 71.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 11.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 109人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4-5回

当直手当

  • 無し(当直手当は給与に含む)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 2-3人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1-2人

勤務体制

  • 研修医当直には各診療科の上級医か指導医がつく

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 当院の研修プログラムは、研修到達目標を十分に達成できる様に構成されている。2年次の選択研修では必須研修が不十分と思われる分野の診療科を最履修することもでき、将来の専門領域に向けた診療科を選択履修することも可能である。指導医の質を良くするため、指導医講習会を開催し、指導医の確保に努めていると同時に、指導医の質を維持する為に指導医フォローアップ講習会を開催し優れた指導医育成に努めている。臨床症例数も多く臨床能力を高める為には最高の研修環境である。臨床研修をしながら、最先端の医療を間近で見て勉強できるという大きな魅力がある。また、研修中の症例を論文にまとめ、女子医大学会で発表する機会がある。知的好奇心に富み、熱意ある研修医と共に、医療チームの一員として一緒に働き学び我々も成長していきたいと思っている。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 大学病院で学ぶ利点は、専門性が高く、各診療科でプロフェッショナルな先生がいる点であり、研修医時代であっても、論理的な考え方をするように訓練される。研修医時代の2年間は、市中病院の方が任される仕事が多く、手技が身に付くとは思うが、手技的な事は何年も働いていれば身に付くことであり、何処で働いていても通用する様な勉強の仕方や考え方を学ぶ上では大学病院で研修した方がよい。内科医を目指していたが、必修と選択を合わせて多くの内科で質の高い研修をすることができた。現在所属の診療科以外の内科でも病状把握ができ、困ったときにも、他診療科にコンサルトしやすい。大学病院は専門性も高く、研究する場や学会発表の場もあり、指導体制もしっかりしている。立地条件が良いので、学会に行くのにも便利であり、他大学との情報の交換もしやすい。研修医ひとりぼっちにさせられたことはなかった。常にオーベンが近くにいて指導してくれるので、不安が少ない。迷ったらすぐに聞く事もできた。車の教習所と同じ要領で、自分だけで考えて勝手な診療をするよりは指導医に上申して、その時々のパターンを覚えて行く方がよい。今後、応用の利くパターンを数多く教えていただいた。女子医大の研修を選んだ理由は、一つの場所に全ての疾患が集まっているので、研修中に多くの症例が診れること。市中病院では透析の患者さんの手術はしないと思うが、合併症のある症例や珍しい症例が多く経験できている。外科医を目指す上でも役立っている。女子医大出身でなくても分け隔てなく指導していただいている。

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 東京女子医科大学病院神経精神科における児童思春期精神医療の現状と課題
  • 東京女子医科大学雑誌 86(臨時増刊1(医学部精神医学講座 石郷岡純教授退任記念特別)), E164-E166, 2016-01-31
  • NAID 120005746446
  • 東京女子医科大学病院神経精神科における児童思春期精神医療の現状と課題 (医学部精神医学講座 石郷岡純教授退任記念特別号)
  • 東京女子医科大学雑誌 = Journal of Tokyo Women's Medical University 86(臨増1), E164-166, 2016-01
  • NAID 40020782192

関連リンク

東京女子医大病院では、開設当初より、創立者の教育、研究、診療の基盤である「至誠と愛」を病院の基本理念にかかげ、誠実で慈しむ心で診療にあたることをモットーとし、患者さんの視点にたったきめ細やかで温かい心の通った ...
東京女子医科大学の公式サイトです。新宿区。医学部、看護学部のキャンパスライフや国際交流、入学案内、入試情報など、東京女子医科大学に関する情報を掲載しています。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事医科」「女子」「大学」「医科大学

医科」

  [★]

medical departmentmedical
医学医学上医学的医薬医用メディカル医療用


女子」

  [★]

female
雌性女性メス


大学」

  [★]

universitycollegeUniv
単科大学

医科大学」

  [★]

medical university
医大




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡