本草綱目

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/05 21:20:32」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 「物類品隲」に収蔵された人参栽培と生産管理法 : 注釈と検討
  • 松井 年行
  • 農業および園芸 87(12), 1165-1170, 2012-12-00
  • NAID 40019500974
  • 19世紀日本の知の潮流 : 江戸後期~明治初期の百科事典、博物学、博覧会 (特集 博覧会と近代日本)
  • 伊藤 真実子,Ito Mamiko
  • 19世紀学研究 -(6) (-), 59-78, 2012-03-00
  • … Li Shizhen's "Bencao gangmu"(本草綱目)was published in 1596, and was imported to Japan by 1604. …
  • NAID 120005240586
  • 漢方と温泉:─温泉医学的考察─
  • 大塚 吉則
  • 日本東洋医学雑誌 63(3), 159-167, 2012
  • … 温泉の効能は古代中国でも知られており,漢の科学者張衡の温泉賦をはじめとして多くの記載が残っているが,漢方医学と直接関連した書物としては,李時珍の本草綱目が有名である。 …
  • NAID 130002123806

関連リンク

本草綱目(ほんぞうこうもく)は、中国の本草学史上において、分量がもっとも多く、内容 がもっとも充実した薬学著作である。作者は明朝の李時珍(1518年 - 1593年)で、1578 年(万暦6年)に完成、1596年(万暦23年)に南京で上梓された。日本でも最初の出版 ...
本草綱目は中国から日本に伝来した漢方薬・薬学の史料です。 Skip to content. ホーム . 本草綱目はじめました。 このエントリーをはてなブックマークに追加. 李時珍の著作,薬 ... 本草綱目の中を探す. 目次. 草部. 山草類,山草類下 : 山に生えている草; 芳草類 ...

関連画像

本草綱目本草綱目本草綱目クリックで拡大・本草綱目


★リンクテーブル★
リンク元中国医学
関連記事

中国医学」

  [★]

  • 三大古典の成立 前漢(前202-後8)~後漢(後25-後220)
黄帝内経:「素問」と「霊枢」からなる。陰陽五行説を基盤とする。基礎医学。臨床医学。現存最古の中国医学古典
神農本草経:生薬の薬効について記載された薬物学書で、365種類の動・植・鉱物薬が薬効別に、上薬・中薬・下薬に分類して収録。薬物学書
傷寒雑病論:張仲景によって記された。傷寒論と金匱要略に分けられた。
傷寒論:急性熱性病の治療について六病位に分けて記したもの
金匱要略:種々の慢性疾患について病名別に治療法を記したもの
  • 隋・唐
  • 金・元
  • 金元四大家により陰陽五行説を中心とした古典の整理がなされた
  • 明・清


目」

  [★]

order
オーダー指令順序順番、要求、次数命令秩序




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡