最大酸素摂取量

出典: meddic



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/05/02 11:34:03」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 変形性股関節症に罹患して人工股関節置換術を受けた患者の身体機能や活動に術前および術後の運動介入が及ぼす影響 : ランダム化比較試験に対するシステマティックレビューおよびメタアナリシス
  • 梅原 拓也,田中 亮,金口 瑛典
  • 理学療法学 41(3), 147-158, 2014-06-20
  • … 術後の運動介入,特に特定の運動介入の追加により効果が認められたアウトカムは,股関節外転の筋力,最大酸素摂取量,および歩行率であった。 …
  • NAID 110009818651
  • 長距離ランナーのための有酸素性能力トレーニング : 伝統からの脱却
  • Turner Anthony Nicholas
  • Strength & conditioning journal : 日本ストレングス&コンディショニング協会機関誌 21(3), 51-54, 2014-04
  • NAID 40020035587
  • 小児の心肺運動負荷試験とOxygen uptake efficiency slope:その基礎と小児領域での臨床応用
  • 馬場 礼三
  • Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery 30(4), 376-382, 2014
  • … 心肺運動負荷試験(cardiopulmonary exercise testing:CPET)は運動負荷中の呼吸,代謝などの反応を測定する検査である.CPETで得られる測定値のうち,最も重要なのは最大酸素摂取量(VO2max)である.これは心臓のポンプ機能,呼吸機能,骨格筋の機能などの総合的な予備能の指標である.嫌気性代謝閾値(AT)は骨格筋虚血による乳酸産生が生じる最低運動強度として定義づけられるが「きつすぎず,弱すぎない適度な運動強 …
  • NAID 130004684464

関連リンク

ランナーなら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?このコラムでも何度か触れたことがありますが、あらためて「最大酸素摂取量」について詳しく紹介したいと思います。 最大酸素摂取量は持久力の指標
最大酸素摂取量は全身持久力の体力指標 最大酸素摂取量は、マラソンなどの全身持久力(リンク1参照)を必要とする競技者で高い値を得ていることから、全身持久性の体力指標として用いられています。 一方、この値が ...

関連画像

図2. 最大酸素摂取量に対する 次回は、最大酸素摂取量を規定 頭は使えばよくなる」は本当 スポーツ選手の最大酸素摂取量 4.最大酸素摂取量の求め方 最大酸素摂取量


★リンクテーブル★
国試過去問096G095
関連記事酸素」「」「最大」「摂取」「摂取量

096G095」

  [★]

  • 加齢とともに低下しない呼吸機能検査値はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096G094]←[国試_096]→[096G096

酸素」

  [★]

oxygen
空気
  • 大気中の乾燥空気に含まれる酸素 20.946%

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E6%B0%97

麻酔科

参考1
  酸素 笑気 空気 二酸化炭素
医療ガス配管
ガスボンベの色(日本)      
ピンインデックス  ・
  
 ・
 ・

   ・
  ・

 ・  ・
   ・
 ・
  
ピン 2 2 3 2
角度(時計回り) 180 135 120 -90

参考

  • 1.
http://www.eonet.ne.jp/~hidarite/me2/anzenkanri05.html



量」

  [★]

amountvolumecontentquantity
含有量含量体積達する容積内容物内容ボリューム


最大」

  [★]

maximummaximamaximallargestutmostmaximally
極限極大最大限最大値


摂取」

  [★]

intakeingestiontakeingest
受け取る経口摂取摂取量取る服用


摂取量」

  [★]

intake
摂取




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
2ミタゾラム 効果 16
3pud 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 12
6多毛日本 12
7user/password 10
8cefpodoxime proxetil BCS 8
9user/register 8
10prolapse of uterus 7
11日常生活自立度 7
121,320,568,24 HTTP/1.1 7
13盲斑 6
14ルリッシュ症候群 5
15サイズの原理 筋電図 5
16 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
17脳卒中リハ 阻害因子 5
18viraldeath解剖 5
19角化棘細胞腫 5
20Salivary glands 5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1多毛日本 12
2cefpodoxime proxetil BCS 8
3盲斑 6
4user/password 6
5?mesterolon? Britain 4
6メトロイリーゼ 4
7?testosterone decanoate? Britain 4
8?mesterolon? Europe 4
9?mesterolon? Germany 4
10心筋の活動電位 3
11握雪音 3
12?mesterolon? Australia 2
131,1024,768,24 HTTP/1.1 2
14バンコマイシン レッドマン症候群 2
15?mesterolon? America 2
161回拍出量 2
17グラム陽性桿菌 2
18流動モザイクモデル 2
19アズール顆粒 2
20ウレアーゼ・インドフェノール法 2