昼間自己管理腹膜透析

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

腹腔内に透析液を注入貯留して、過剰な体液や老廃物を取り除く方法です。 腹膜 カテーテルを ... 自動腹膜透析(以下APD)を使用することで昼間の透析回数をへらす ことができます。 腎機能が低下し ... 腹膜透析は出口部の自己管理が必要です. 【写真】 出口部 ...
液透析以外の治療法や最新の設備を積極的に取り入れています。 最前. 線の治療の 実際とそれを支える看護の様子 ... 自己管理が中心となる腹膜透析. 患者・家族指導が 成功のカギ ... す。 」-『[縄が手技・管理を繍 }量ロも、. 昼間の童 (2回 にム晶せて来院し て ...

関連画像

お腹の中に透析液を入れ、体内 腹膜透析治療研究部門専門の知識を持つ看護師が手順 腎不全の治療は生涯の


★リンクテーブル★
リンク元自動腹膜透析
関連記事腹膜透析」「管理」「腹膜」「透析」「昼間

自動腹膜透析」

  [★]

automated peritoneal dialysis APD
昼間自己管理腹膜透析腹膜透析


腹膜透析」

  [★]

peritoneal dialysis PD、(正式)continuous ambulatory peritoneal dialysisCAPD
腹膜潅流 peritoneal lavage
連続携帯式腹膜透析持続的携行式腹膜透析持続携行式腹膜透析持続的携帯型腹膜透析持続的外来腹膜透析透析

血液透析との比較

利点

  • 特別の装置が不要
  • 抗凝固薬が不要
  • 安価
  • 通院の必要がない
  • 残腎機能が維持されやすい
  • 血管の確保が不要で幼児でも使用できる
  • 血圧の急な変動が少ない
  • カリウム、水分制限が緩い
  • 中分子の除去能が高い
  • 透析後遺症が少ない ⇔ 不均衡症候群

欠点

  • 低分子の除去能が低い
  • 透析に長時間要する
  • 蛋白質の漏出がある。
  • 血糖・脂質が上昇しやすい
  • 腹膜炎のリスク
  • 長期間施行できない →  腹膜の劣化により5-10年で使用できなくなる



管理」

  [★]

規制監督経営コントロール支配制御対応対照調節投薬投与与薬行政

腹膜」

  [★]

peritoneum (Z) < peritonaion < peritonos < peri-'around'+-tonos'stretched' ; perineumと勘違いしないように
漿膜




透析」

  [★]

dialysis
ドナン膜平衡


昼間」

  [★]

daytimedaylight
昼光



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡