日射病

出典: meddic

sunstroke, sun stroke, heliosis, insolation
ictus solis
熱射病

  • 現在ではあまり使われなくなっている用語、らしい。
  • 日光に曝露することで発症する熱中症。
  • 日光による熱、紫外線、疲労、睡眠不足、筋への血流増加による循環血欠乏
  • 著明な発汗、顔面蒼白、めまい、頭痛、悪寒、嘔吐、全身倦怠感
  • 体温38℃以下にとどまる軽症例に用いられる用語である。


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/05/31 21:12:09」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 労働現場における熱中症予防のための運動による暑熱順化の有効注
  • <新しい女>の語り--パルド=バサン『日射病』(1889)の始まり
  • 熱中症予防対策の歴史

関連リンク

子どもの頃は、帽子もかぶらず炎天下で長時間遊んでいると、「日射病になるよ!」とよく注意されたものだ。でも、近年は、この「日射病」という言葉、とんと聞かなくなった。かわりに頻繁に登場するのが「熱中症」だ...
日射病とは、全身の倦怠感、吐き気、あくびから始まり、やがて頭痛や意識障害などを起こす症状 出典 日射病 - 日射病の症状とは 探して追加 | アップロード 炎天下で激しい運動や仕事などをした時に、大量に発汗して、身体の中の ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みinsolation
リンク元熱射病」「sunstroke
関連記事」「日射

insolation」

  [★]

solar radiation

WordNet   license wordnet

「incident solar radiation」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「日光にさらすこと,日光浴 / 日謝病」

熱射病」

  [★]

heatstroke, thermic fever, heat apoplexy, heat hyperpyrexia
うつ熱症 heat retention日射病sun stroke
熱中症
  • 熱中症のなかで最重症型
  • 臓器障害を来しうる。
  • 病型:
  • 治療
  • 冷却:体温が38℃以下になるまで速やかに冷却 ← 38℃以下に冷やすと、冷やしすぎるため、らしい。持続的に冷却し深部体温が38℃に達する頃には体表温度はもっと下がっており、やがて深部と平衡に達して適切な体温に達する、のかもしれない。
  • 外部冷却:氷嚢による鼠径部、腋窩、上胸部、頚部の冷却。冷水吹きつけによる蒸発冷却
  • 内部冷却:胃、膀胱、直腸の冷水による洗浄


sunstroke」

  [★]

日射病

WordNet   license wordnet

「sudden prostration due to exposure to the sun or excessive heat」
insolation, thermic fever, siriasis

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「日射病」


病」

  [★]

diseasesickness
疾病不調病害病気疾患


日射」

  [★]

solar radiationinsolation




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡