散在性反復配列

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • PP-600 散在性反復配列のエピジェネティックス異常が精巣腫瘍発生に果たす意義について(発表・討論,一般演題ポスター,第98回日本泌尿器科学総会)
  • 牛田 博,南 佳ほり,川上 享弘,茶野 徳弘,岡部 英俊,岡田 裕作,岡本 圭生
  • 日本泌尿器科學會雜誌 101(2), 518, 2010-02-20
  • NAID 110007869039

関連リンク

現在、ヒトの全ゲノム配列を決めるというヒトゲノム計画の進展によって、 ヒトのゲノム構造 が明らかになりつつあります。 そして、ヒトゲノムの解析によって様々なことがわかっ てきましたが、そのひとつとして、散在性反復配列の多さ ...
ブタの散在性反復配列の1つであるPRE-1配列が,ブタのゲノム上にどの様に存在しているかを解析するとともに,SSCP(一本鎖立体構造多型)を検出することで連鎖解析用マーカーとして利用可能であるかを検討した。その結果,PRE-1配列のSSCP法 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
拡張検索長い散在性反復配列
関連記事配列」「散在」「散在性」「反復配列」「反復

長い散在性反復配列」

  [★]

long interspersed element、long interspersed nuclear element、long interspersed nucleotide elementLINE
長散在型反復配列長い散在反復配列長鎖散在反復配列

配列」

  [★]

sequencearrangementarrayconstellationarrangesequential
協定経時的系列結果シークエンスシーケンス順序準備筋道整列取り計らう配置配列決定連続連続的逐次結果としての時系列並べるアレイ順次整理


PHP関数

array_unique()

	for ( $i = 0 ; $i < 5 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 1;
	}
	for ( $i = 5 ; $i < 15 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 2;
	}
	for ( $i = 15 ; $i < 20 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 3;
	}

	$a['w'][5]=100;
	$a['w'][15]=100;

var_dump($a);
	$b = array_unique($a['w']); #配列 重複キー 消去

var_dump($b);

-----
array(2) { 
	["w"]=> array(20) 
		{
			[0]=> int(100) [1]=> int(101) [2]=> int(102) [3]=> int(103) [4]=> int(104) [5]=> int(100) [6]=> int(106) [7]=> int(107) [8]=> int(108) [9]=> int(109) [10]=> int(110) [11]=> int(111) [12]=> int(112) [13]=> int(113) [14]=> int(114) [15]=> int(100) [16]=> int(116) [17]=> int(117) [18]=> int(118) [19]=> int(119) } 
	["m"]=> array(20) 
		{
			[0]=> int(1) [1]=> int(1) [2]=> int(1) [3]=> int(1) [4]=> int(1) [5]=> int(2) [6]=> int(2) [7]=> int(2) [8]=> int(2) [9]=> int(2) [10]=> int(2) [11]=> int(2) [12]=> int(2) [13]=> int(2) [14]=> int(2) [15]=> int(3) [16]=> int(3) [17]=> int(3) [18]=> int(3) [19]=> int(3) } } 

array(18) {
			[0]=> int(100) [1]=> int(101) [2]=> int(102) [3]=> int(103) [4]=> int(104) [6]=> int(106) [7]=> int(107) [8]=> int(108) [9]=> int(109) [10]=> int(110) [11]=> int(111) [12]=> int(112) [13]=> int(113) [14]=> int(114) [16]=> int(116) [17]=> int(117) [18]=> int(118) [19]=> int(119) } 

配列の要素の除去

array_pop

  • 配列のインデックスから、末尾にあるインデックス1つを取り除く。指定した変数の配列が空だった場合には、null が帰される。

配列の結合

  • 1. +演算子。同じキーを上書きする。
  • 2. array_push(array, array)とすると、出力が array([0]->array, [1]->array)になる。
  • 3. array_match(out_array, add_array)これでokだが、add_array = array();だとエラーが起こるので、適当なトラップが必要。 ← array_mergeの間違えでしょ?

配列要素の結合

$str = implode('/',$array);

配列の要素表示

  • var_dump()
  • print_r();


散在」

  [★]

disseminationdisseminateinterspersedispersedinterspersed
散らばった転移播種汎発分散分散型内転移


散在性」

  [★]

diffusedisseminateddiffusely
拡散拡散性広汎性播種性汎発性びまん性瀰漫性


反復配列」

  [★]

repetitive sequence, repeated sequence
繰返し配列繰り返し配列



反復」

  [★]

iteration(PSY), repetition(IMD)
  • 同じ行動や思考を繰り返すこと。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡