揺さぶられっ子症候群

出典: meddic

shaken baby syndrome
乳幼児鞭打ち様症候群児童虐待child abuse

概念

  • 身体に外傷を認めることなく、揺さぶりによる症状(眼底出血、硬膜下出血・クモ膜下出血が認められるもの

虐待が疑われるときに行われる特別な診察

参考6
  • 頭部・顔面に暴力が振るわれた時、もしくはその危険性がある時、揺さぶられっこ症候群の可能性がある時には必ず眼科的診察を行い、幼児以降では耳鼻科的診察も行う。また、性的虐待が疑われるときには婦人科的診察が必要となる。
  • ア.眼科的診察
  • 網膜出血、その他の出血、網膜はく離、水晶体脱臼、白内障などの外傷性眼障害の有無を調べる
  • イ.耳鼻科的診察
  • 鼓膜破裂、耳小骨のずれによる難聴、鼻骨骨折、などの外傷による障害を調べる
  • ウ.婦人科的診察
  • 妊娠の有無、性器の外傷、性器内の精液の存在の有無、その他の会陰部の外傷、性感染症のチェックなどの診察を行う。性器の所見は1週間-10日ぐらいで認めなくなってしまうため、早期に診察することが必要である。トラウマの再現にならないように、出来るだけ同性の医師が、子どもに十分な説明をして、診察を行う。心を打ち明けた児童福祉司や一時保護所の職員などが付き添う方が安心できることもある。

参考

  • 1. [charged] 幼児および小児における虐待による頭部外傷の評価および診断 - uptodate [1]
  • 2. [charged] 幼児および小児における虐待による頭部外傷の疫学、機序、および種類 - uptodate [2]
  • 3. [charged] 幼児および若齢小児における虐待による頭部外傷:網膜出血の解剖学的評価および病因 - uptodate [3]
  • 4. [charged] 幼児および若齢小児における虐待による頭部外傷:眼科的側面 - uptodate [4]
  • 5. wiki ja
  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8F%BA%E3%81%95%E3%81%B6%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%A3%E5%AD%90%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4
  • 6. 厚生労働省:子ども虐待対応の手引きの改正について(平成19年1月23日雇児発第0123003号厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課長通知)
[display]http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/dv12/06.html

国試

  • 105D052:硝子体出血や硬膜下血腫が認められる。



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/07/05 13:30:22」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨床報告 網膜および網膜前出血が診断の決め手となった揺さぶられっ子症候群の2例
  • 伊丹 彩子,八代 成子,武田 憲夫 [他]
  • 臨床眼科 66(1), 79-84, 2012-01
  • NAID 40019188355
  • 乳幼児の眼底撮影の検討
  • 下山 季美恵,西 智,太田 丈生,松浦 豊明,原 嘉昭
  • 眼科臨床紀要 = Folia Japonica de ophthalmologica clinica 3(11), 1199-1202, 2010-11-15
  • NAID 10030251696
  • 症例 拡散強調像において広範な大脳高信号を呈したShaken baby syndromeの2例
  • 朝戸 信行,下野 太郎,西口 智一 [他]
  • 臨床放射線 55(4), 553-557, 2010-04
  • NAID 40017079028
  • 脳神経外科医が見過ごしてはならない小児虐待による頭部外傷の特徴と治療(1.小児虐待を疑う脳神経外科外傷にどのように対応すべきか,<特集>臨床において対応に苦慮する事例)
  • 山崎 麻美,埜中 正博
  • 脳神経外科ジャーナル 18(9), 642-649, 2009-09-20
  • … 年の「児童虐待の防止等に関する法律」の成立を契機に,わが国でも小児虐待に対する社会的関心が高まってきた.その中で,最も致命的で予後に大きく影響するのが,頭部外傷である.Shaken baby syndrome(SBS:揺さぶられっ子症候群)という言葉が有名になり,虐待による頭部外傷の総称として使われることもあるが,正しくは,non-accidenntal tramatic brain injury(nonaccidental TBI),あるいはinflicted traumatic brain injury(ITBI)である.すなわち,虐待によ …
  • NAID 110007340644

関連リンク

揺さぶられっ子症候群(ゆさぶられっこしょうこうぐん、Shaken Baby Syndrome、SBS) とは、概ね生後6か月以内の新生児や乳児の体を過度に揺することで発生する内出血 などの外傷。児童虐待ともなりうるもので、乳児揺さぶり症候群ともいう。 厚生労働省の ...
2011年7月26日 ... 揺さぶられっ子症候群とは、乳児の身体を大きく揺することにより網膜出血、硬膜下血腫 またはクモ膜下血腫が引き起こされることをいいます。普段のお世話やあやし方で 揺さぶられっ子症候群になることはありませんが、長時間の車の運転や ...
2011年5月17日 ... 1歳2ヶ月になる子供がいます。今更ながら、揺さぶられっ子症候群のことで急に不安に なってしまいました。まだ首がすわっていない頃、抱きかかえながら左右に揺さぶって...

関連画像

揺さぶられっ子症候群の画像 p1 揺さぶられっ子症候群の画像 p1 揺さぶられっ子症候群の画像 p1 揺さぶられっ子症候群の画像 p1 揺さぶられっ子症候群の画像 p1 揺さぶられっ子症候群の画像 p1 揺さぶられっ子症候群の画像 p1  育児】揺さぶられっ子症候群


★リンクテーブル★
先読み児童虐待
リンク元ロス斑」「乳幼児鞭打ち様症候群」「shaken baby syndrome
関連記事症候群」「」「症候

児童虐待」

  [★]

child abuse
幼児虐待小児虐待
子供に対する不適切な関わり maltreatment syndrome児童相談所児童福祉法児童虐待防止法

通報先

国試



ロス斑」

  [★]

Roth spot, Roth spots, Roth's spots
Roth斑

概念

  • ロス斑は白斑を中心と中心とする出血像を示す。ロス斑は綿花状白斑の周りを出血が取り囲んでいる。綿花用白斑は虚血に陥った軸索の膨化(破裂?, bursting)により生じている。毛細血管に入る前の細動脈が虚血により破裂することにより生じている。多くの病態でロス斑が起こるのであって、細菌性心内膜炎に特異的なわけではない。(参考(1))

原因

参考3

参考

  • 1.
[display]http://www.kellogg.umich.edu/theeyeshaveit/optic-fundus/roth-spot.html
  • 2.
http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMicm040783
  • 3. Roland Ling, Bruce James White-centred retinal haemorrhages(Roth spots). Postgrad Med Ja 1998;74:581-582
[display]http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2361020/pdf/postmedj00094-0007.pdf
  • 4
http://www.uveitis.org/medical/articles/case/Uveitis-%20Roth%20Spots.pdf
  • 5.写真
[display]http://www.kellogg.umich.edu/theeyeshaveit/optic-fundus/images/roth-spot.jpg


乳幼児鞭打ち様症候群」

  [★]

shaken baby whiplash syndrome
揺さぶられっ子症候群
[show details]

国試


shaken baby syndrome」

  [★] 揺さぶられっ子症候群


症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


症候」

  [★]

symptom and sign
症状, 徴候 兆候




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡