持続睡眠療法

出典: meddic



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 現代薬物療法以前の精神科治療 (特集 精神医学におけるイノベーション : 過去から未来へ)
  • III-1.患者の同意のもとに持続睡眠療法を行った身体化障害の1例(一般演題,第110回日本心身医学会関東地方会演題抄録)
  • 持続睡眠療法の経過における尿中ノルエピネフリン値の変化

関連リンク

持続睡眠療法 じぞくすいみんりょうほう continuous sleep treatment 精神病の治療法の一つ。7~20日間の計画で1日 15~20時間,薬物によって睡眠させる方法で,1920年代に始められた。 60年代に入って精神病治療薬が相次いで開発されて ...
1920年代に、精神病患者をひたすら眠らせる『持続睡眠療法』を普及させる役割を果たしたのは、スイスの精神科医ヤコブ・クレージでした。ヤコブ・クレージは患者の食事・排泄の時間だけ緩やかな覚醒状態に導き、それ以外のほぼ ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事持続」「」「療法」「睡眠

持続」

  [★]

persistencedurationcontinuitypersistlastsustain
維持期間継続最後持続時間連続性わたる残留性開存遺残持続期間

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


療法」

  [★]

therapyregimencureremedytherapeutic


睡眠」

  [★]

sleep
睡眠段階







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡