持続的血液濾過透析

出典: meddic

continuous hemodiafiltration CHDF
持続血液濾過透析
[show details]


  • 穿刺部位は大腿静脈。その他内頚静脈、鎖骨下静脈、内頚静脈

参考

  • 1.
[display]http://www.jaam.jp/html/dictionary/dictionary/word/0626.htm
  • 2.
[display]http://jsct.umin.jp/page041.html

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 持続的血液濾過透析装置のクランプ点検方法に関する考察
  • 坂手 克彰,岩藤 晋,峠田 実香,高須賀 功喜
  • 医療機器学 = The Japanese journal of medical instrumentation 80(5), 532-533, 2010-10-01
  • NAID 10026667315
  • Vasoactive intestinal polypeptide産生膵腫瘍による大量下痢からの循環・腎機能不全に対し持続的血液濾過透析など生命補助下に腫瘍切除しえた1例
  • 廣瀬 哲朗,西村 充孝,東 大介,高橋 則尋,山岡 竜也,安田 勝太郎,石川 順英,嶋田 俊秀,荻野 哲朗,西平 友彦
  • 日本消化器外科学会雑誌 43(6), 640-646, 2010-06-01
  • … ・酢酸オクトレオチド投与,透析・持続的血液濾過透析で生命維持を図りつつ,臨床症状よりvasoactive intestinal polypeptide産生腫瘍による下痢を疑い,その血清中の高値確認後速やかに膵体尾部切除術を施行した.術後下痢は2日で収束し透析・持続的血液濾過透析より離脱でき救命できた.循環不全,高度アシドーシスで周術期に透析・持続的血液濾過透析を要する危機的状態でも積極的に …
  • NAID 110007656696
  • プロピオン酸血症の急性増悪に際し, 持続的血液濾過透析で緩解を得た成人症例
  • 小幡 由佳子,内崎 紗貴子,加藤 弘美,板垣 大雅,鈴木 かつみ,足立 裕史,土井 松幸,佐藤 重仁
  • 日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine 17(2), 217-218, 2010-04-01
  • NAID 10026278612

関連リンク

一般的に24時間以上持続的に血液濾過透析をおこなう血液浄化法をいう。血液濾過透析とは低分子から中分子の溶質除去を目的とし,血液濾過器(ヘモフィルター)内に透析液を流し限外濾過と同時に拡散による透析をおこなう ...
じぞくてきけつえきろかとうせき。 CHDF(Continuous Hemodiafiltration)。24時間以上、持続的に血液濾過透析を行う血液浄化法。心臓や血管への影響が少なく、血液透析終了後の ... じぞくてきけつえきろかとうせき。 CHDF(Continuous ...
血液浄化療法部 〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1 TEL:03-3815-5411(代表) 血液透析 血液濾過透析 腹膜透析 血漿交換 持続的腎代替療法 血漿吸着療法 HOME > 血液浄化法の種類と適応 血液浄化とは 血液浄化とは、体液の是正 ...

関連画像

持続血液濾過透析]1.持続的血液濾過透析装置1.持続的血液濾過透析装置持続的血液濾過透析装置持続的血液濾過透析装置  持続的緩徐式血液濾過透析装置CHDF(持続的血液濾過透析)持続緩徐式血液濾過透析


★リンクテーブル★
国試過去問106B001
リンク元CHDF」「持続血液濾過透析」「continuous hemodiafiltration
関連記事血液」「持続的」「持続」「血液濾過」「透析

106B001」

  [★]

  • 多臓器不全患者の集中治療で通用される持続的血液濾過透析(CHDF)について、カテーテルを留置するために穿刺する部位で適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106A060]←[国試_106]→[106B002

CHDF」

  [★] 持続的血液濾過透析 continuous hemodiafiltration


持続血液濾過透析」

  [★] 持続的血液濾過透析

continuous hemodiafiltration」

  [★] 持続的血液濾過透析

血液」

  [★]

blood (PT,Z)
sanguis
全血球計算値循環血液量血球血液量

概念

  • 血液は45%の細胞成分と55%の血漿成分から構成される。
  • 弱アルカリ性(pH7.4)でやや粘稠の鮮紅色から暗赤色の体液 (HIS.189)
  • 成人の血液量は約5L (HIS.189)
  • 体重の1/13 (SP.484),体重の約7% (HIS.189), 体重の約8% (2007年度前期解剖学授業)
  • 全血液量の約1/3が失われると死亡する

構成

血液の量

091208II 麻酔
  新生児 乳児 幼児以降 高齢者
循環血液量(ml/kg) 90 80 70 60
体重に対する血液量(%) 9 8 7 6

血液に関する標準値

SP.484
  男性 女性 単位など
ヘマトクリット 45 40 %
血液量 75 65 ml/kg
比重 1.057 1.053 (血漿1.027)
浸透圧 275-290 mOsm/Kg・H2O

基準値

  • 赤血球 (2007前期解剖学プリント)
♂:4.95±0.75 x 10^6 (/μl)
♀:4.65±0.85 x 10^6 (/μl)
  • 白血球 (2007前期解剖学プリント)
  • 血小板 (2007前期解剖学プリント)
  • ヘマトクリット
♂:40-50 (%) 45%
♀:35-45 (%) 40%

LAB.1790

項目名   性別/
種類
 
赤血球   414~563 x10^4/ul
373~495
ヘモグロビン Hb 12.9~17.4 g/dl
10.7~51.3
ヘマトクリット Ht 38.6~50.9 %
33.6~45.1
平均赤血球容量 MCV 84.3~99.2 fl
80.4~101.0
平均赤血球血色素量 MCH 28.2~33.8 pg
25.5~34.6
平均赤血球血色素濃度 MCHC 32.2~35.5 %
30.8~35.4
網赤血球   0.5~1.8 %
0.4~1.6
血小板 Plt 14.3~33.3 x10^4/ul
13.7~37.8
白血球 WBC 2970~9130 /ul
3040~8720
好中球桿状核 0~9 %
好中球分葉核 28~68 %
好酸球 0~10 %
好塩基球 0~2 %
リンパ球 17~57 %
単球 0~10 %





持続的」

  [★]

continuouspersistentcontinuouslypersistentlypermanently
永久継続的稽留持続性連続連続性連続的残留性遺残遷延性持続型

持続」

  [★]

persistencedurationcontinuitypersistlastsustain
維持期間継続最後持続時間連続性わたる残留性開存遺残持続期間

血液濾過」

  [★]

hemofiltration, HF
血液ろ過血液濾過法



透析」

  [★]

dialysis
ドナン膜平衡




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡