持続点滴法

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 特集 子牛の疾病対策(6)臨床現場の工夫と対応(4)下痢症子牛に対する持続点滴法の一例

関連リンク

プロスタグランジンI2とは、体内でも作られ、生理活性をもった物質で、プロスタサイ クリンとも呼ばれています。 この物質を注射剤にした薬が静注用フローラン®(フローラン )です。 フローランの作用. フローランは、主に次のような2つの作用をもっています。
点滴ではないが、微量の薬剤を持続的に投与する方法としては注射器をすこしずつ押す シリンジポンプも用いられる。急速に薬剤を注入するときは、加圧バッグで薬液を圧迫 する方法もとられる(野外での応急手当のような設備が存在しない環境の場合、手で 押す ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事点滴」「持続」「持続点滴」「

点滴」

  [★]

インフュージョン温浸注入注入液滴下輸液滴下注入点滴注入静脈点滴経静脈内投与点滴静注点滴薬輸液剤点滴静脈内注射点滴静脈内投与点滴注射点滴静脈内注入

持続」

  [★]

persistencedurationcontinuitypersistlastsustain
維持期間継続最後持続時間連続性わたる残留性開存遺残持続期間

持続点滴」

  [★]

continuous infusioncontinuous intravenous infusion
持続静注持続点滴静注持続投与持続静脈内投与持続注入持続点滴投与


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡