拡散障害

出典: meddic

diffusion disturbance


概念

  • 気管支、肺胞から毛細血管血へと移動する酸素の拡散過程に障害を生じること。
  • PAO2が正常であり、シャントやVA/Qc不均等分布がなく、PaO2が低下している状態。(IMD.452)

原因

  • 拡散面積の減少
  • 肺胞上皮から血管内皮までの厚さの増加
  • 肺毛細血管での肺胞気と血液の接触時間の短縮


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • COPDにおけるガス交換機能--低酸素血症とパルスオキシメータの見方 (特集 慢性閉塞性肺疾患(COPD)とリハビリテーション)
  • 小川 浩正
  • Monthly book medical rehabilitation (108), 63-70, 2009-08
  • NAID 40016794168
  • 気管支原発の類基底細胞癌に対して左上下葉気管支分岐部を含む気管支軟骨輪部切除を施行した1例
  • 小林 哲,澤端 章好,苅部 陽子,吉井 直子,関 哲男,梅津 英央,石濱 洋美,長井 千輔,三好 新一郎
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 21(4), 576-580, 2007-05-15
  • … 患者は74歳,男性.血痰を主訴に入院となった.既往歴に肺気腫,心筋梗塞,高血圧など複数の危険因子を有し,また呼吸機能検査では高度の閉塞性換気障害と拡散障害を認めた.胸部CTおよび気管支鏡検査で左第2分岐の軟骨輪部から発生する腫瘍と内腔の狭窄を認め,気管支鏡下生検でカルチノイドと診断した.可能な限り呼吸機能を温存する気管支形成術を予定し手術を行った.手術は後側方切開,第5肋間で開胸し葉間より肺動脈, …
  • NAID 110006279097

関連リンク

2004年11月12日 ... 3.1.2 肺線維症に見られる低酸素血症~拡散障害 · 3.1.2.1 肺線維症の患者は、肺炎 などとは症状の出方が全く違う · 3.1.3 発熱患者の低酸素~肺が正常でも酸素は 下がる · 3.1.3.1 酸素投与が非常に有効であり、理にかなっている ...

関連画像

図5換気-血流比010-1.gif拡散障害スライド2.JPG拡散障害スライド3.jpg 拡散は障害され、拡散能力は


★リンクテーブル★
国試過去問106A032」「097H020」「101B071
関連記事障害」「」「拡散

106A032」

  [★]

  • 58歳の女性。頭重感を主訴に来院した。 10年前から時々洗顔時に鼻出血をきたすことがあったが、そのままにしていた。 3か月前からふらつきを自覚するようになった。 1週前から頭重感を自覚し、次第に増悪してきたため受診した。 32歳時に喀血したことがある。父と弟も、若年のころから鼻出血を繰り返していたという。
  • 意識は清明。身長156cm、体重55kg。体温36.6℃。脈拍92/分、整。血圧108/80mmHg。呼吸数14/分。 SpO2 92 %(roomair)。眼瞼結膜に貧血を認めない。舌尖に小出血斑の点在を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。
  • 神経学的所見に異常を認めない。血液所見:赤血球498万、 Hb14.9g/dl、 Ht42%、白血球5,200(桿状核好中球10%、分葉核好中球42%、好酸球2%、好塩基球1%、単球6%、リンパ球39%)、血小板22万、 PT115%(基準80-120)。 CRP0.2mg/dl。動脈血ガス分析(自発呼吸、 room air) : pH7.42、 PaCO2 32Torr、 PaO2 62Torr、HCO3" 20mEq/l。心電図に異常を認めない。胸部エックス線写真で両側肺野に異常陰影を認める。胸部単純CT(別冊No. 10)を別に示す。
  • この疾患の主な病態として正しいのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106A031]←[国試_106]→[106A033

097H020」

  [★]

  • 動脈血ガス分析(自発呼吸、room air)がpH7.31、PaO2 45Torr、PaCO2 76Torr、A-aD02 10Torr(基準20以下)である。
  • 考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097H019]←[国試_097]→[097H021

101B071」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 101B070]←[国試_101]→[101B072

障害」

  [★]

disorderimpairmentdysfunctiondamagedifficulty、(妨げ)barrierimpedimentobstacledisturbancefoe、(化学)hindrancedisorderimpairlesion
妨げ撹乱関門機能障害機能不全困難傷害障壁損なう損傷ダメージ破壊破損バリヤー病変不安妨害乱れ無秩序機能異常症疾患バリアバリアー機能異常機能不全症


害」

  [★] harmhazardinjure

危険損傷ハザード傷害を与える害する

拡散」

  [★]

diffusion








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡