抗破傷風人免疫グロブリン

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • クマ外傷の4例
  • 加藤 雅康,林 克彦,前田 雅人,安藤 健一,菅 啓治,今井 努,白子 隆志
  • 日本救急医学会雑誌 22(5), 229-235, 2011-05-15
  • … 当院で経験した4例と文献報告でも,創部の十分な洗浄と抗菌薬治療,破傷風トキソイドと抗破傷風人免疫グロブリンの投与により重篤な感染を生じることはなかった。 …
  • NAID 10029368503
  • 血液製剤の使用を拒否した破傷風患者の1例
  • 和田 圭之進,石田 佳毅,尾島 泰公 [他],井堂 信二郎,李 進彰,古森 孝英
  • 日本口腔外科学会雑誌 54(9), 536-540, 2008-09-20
  • A 63-year-old woman was referred to our hospital because of trismus. Clinical examinations revealed severe trismus and severe stiffness of the masseter and sternocleidmastoid muscles, but there were n …
  • NAID 10027089275
  • プロポフォール持続静脈内投与で鎮静管理した重症破傷風の1例
  • 明星 康裕,遠山 一喜
  • 蘇生 23(2), 86-88, 2004-06-15
  • … 直ちに創の洗浄とデブリドマンを施行し, 抗破傷風人免疫グロブリンと抗生物質を投与した。 …
  • NAID 10013133827

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 血漿分画製剤

販売名

  • テタノブリンIH静注250単位

組成

有効成分〔1瓶(3.4mL)中〕

  • 破傷風抗毒素 250国際単位

添加物〔1瓶(3.4mL)中〕

  • D-ソルビトール 170mg,水酸化ナトリウム 適量,塩酸 適量

備考

  • 破傷風抗毒素は,ヒト血液に由来する.
    (採血国:米国,採血の区別:非献血)

禁忌

  • 本剤の成分に対しショックの既往歴のある患者

効能または効果

  • 破傷風の発症予防並びに発症後の症状軽減のための治療に用いる.
  • 本剤は点滴注射するか,又は直接静注する.直接静注する場合は,きわめて徐々に行うこと.
    破傷風の発症を予防するためには,通常250国際単位を投与する.重症の外傷例には1,500国際単位を投与する.広汎な第II度熱傷などの場合は適宜反復投与する.
    破傷風の治療においては,軽〜中等症例では,1,500〜3,000国際単位,重症例では3,000〜4,500国際単位を投与する.なお,症状により適宜増量する.
  • 急速に注射すると血圧降下を起こす可能性がある(低・無ガンマグロブリン血症の患者には注意すること).

慎重投与

  • IgA欠損症の患者〔抗IgA抗体を保有する患者では過敏反応を起こすおそれがある.〕
  • 腎障害のある患者〔腎機能を悪化させるおそれがある.〕
  • 溶血性・失血性貧血の患者〔ヒトパルボウイルスB19の感染を起こす可能性を否定できない.感染した場合には,発熱と急激な貧血を伴う重篤な全身症状を起こすことがある.〕
  • 免疫不全患者・免疫抑制状態の患者〔ヒトパルボウイルスB19の感染を起こす可能性を否定できない.感染した場合には,持続性の貧血を起こすことがある.〕

重大な副作用

ショック(頻度不明)

  • ショックを起こすことがあるので,観察を十分に行い,呼吸困難,喘鳴,胸内苦悶,血圧低下,脈拍微弱,チアノーゼ等が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

薬効薬理

  • 本剤は,破傷風毒素に対するヒト由来の抗体を高力価に含有するため,血中に遊離している破傷風毒素と結合し,速やかに中和させる.

〈生体内抗毒素作用〉4)

  • 破傷風毒素を皮下投与したマウスに対して,本剤又は乾燥ポリエチレングリコール処理抗破傷風人免疫グロブリンを静脈内投与し,延命,救命効果について比較検討した.その結果,マウスの延命,救命効果において,本剤は乾燥製剤と同等であった.


★リンクテーブル★
関連記事免疫」「破傷風」「グロブリン」「リン」「ロブ

免疫」

  [★]

immunity, immune
免疫系

免疫の種類 (PT.246-251)

  主に関与するリンパ球 働き リンパ節での局在
細胞免疫 T細胞 (1)免疫の活性化 傍皮質
(2)抗原を有する細胞への攻撃
液性免疫 B細胞 抗体産生 皮質

T細胞の種類

細胞の種類 補レセプター 抗原を提示する細胞 MHC抗原
キラーT細胞(Tc) CD8 抗原提示細胞 MHCクラスI
ヘルパーT細胞(Th) CD4 全ての細胞 MHCクラスII

ヘルパーT細胞の種類

T細胞 関連する因子 産生する物質 機能
Th1 IL-12

 増殖

IL-2,IFN-γなど 細胞性免疫を促進'

 (1)キラーT細胞NK細胞マクロファージを活性化  (2)遅延型過敏反応により自己免疫疾患に関与

Th2 IL-4

 Th→Th2

IL-4,IL-5,IL-6,IL-10など 液性免疫を促進'

 (1)B細胞好酸球肥満細胞に作用。  (2)即時型アレルギーに関与




破傷風」

  [★]

tetanus, lockjaw
テタヌス
破傷風菌 Clostridium tetani

病型

参考1
  • 全身性破傷風:全身の筋の強直性攣縮 + 自律神経症状(早期は易刺激性、不穏、発汗、頻脈。後期には著しい発汗、不整脈、不安定な高血圧・低血圧、発熱)
  • 限局性破傷風
  • 頭部破傷風
  • 新生児破傷風

病態

SMB.260
  • 破傷風毒素(テタノスパスミン)は亜鉛依存性プロテアーゼ活性を有しており、シナプス小胞不随蛋白であり開口分泌に関与するシナプトブレビンを特異的に切断し、シナプスへの神経伝達物質の放出を妨げる。
  • 症状の発現は脊髄の抑制ニューロンが遮断される事による。
  • 自律神経ニューロンも遮断されるので、自律神経症状も発現する。 → 著しい血圧、脈拍の変動

治療

SMB.260 YN. H-55 SPE.359
  • 創部 :デブリドマン
  • 抗毒素:ヒトTIGの投与 → 神経細胞に取り込まれた後では毒素を中和できなくなる。
  • 抗菌 :ペニシリンGの大量投与。テトラサイクリン(SPE.359)
  • 対症療法:呼吸管理、筋弛緩薬、抗痙攣薬(ジアゼパム)、刺激の軽減(日光の遮蔽)

予防

予後

  • 死亡率:40% (SPE.359)

参考

  • 1. [charged] Tetanus - uptodate [1]

国試




グロブリン」

  [★]

globulin (Z)
ヴェノグロブリンガンマーグロブリンガンマガードガンマグロブリングロブリングロベニンサイモグロブリンサングロポールゼットブリンテタノセーラテタノブリンテタノブリンIHヒスタグロビンベニロンヘパトセーラヘブスブリンヘブスブリンIHポリグロビン乾燥HBグロブリン乾燥はぶ抗毒素乾燥まむし抗毒素抗Dグロブリン抗D人免疫グロブリン抗HBs人免疫グロブリン破傷風グロブリン
アルブミンフィブリノーゲン
  • 肝臓で産生される

機能 (PT.234)

  • α1-グロブリン
    • 組織分解産物や脂質を運搬
  • α2-グロブリン
    • ビタミンやホルモンを運搬
    • α2-グロブリンの一種であるハプトグロビンは溶血により生じたヘモグロビンを捕捉し、尿細管の閉塞を防ぐ
  • βグロブリン
  • γグロブリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






ロブ」

  [★] ロキソプロフェン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡