抗尿細管基底膜病

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

重金属の曝露により尿細管障害と間質の線維化による腎障害を生じることがある。カドミウム(Cd)、鉛(Pb)、リチウム(Li)、水銀(Hg)、ウラン(U)、ゲルマニウム(Ge)、砒素(As)が原因となりうる。 カドミウム(Cd)中毒
臨床所見,画像検査および腎生検により診断する。特に特発性TINの診断には腎生検が不可欠である。 腎生検所見 慢性の経過で腎臓間質にリンパ球を主体とする細胞浸潤や線維化がみられ、尿細管が萎縮、消失し、二次的に糸球体硬化 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事基底膜」「基底」「」「細管

基底膜」

  [★]

basilar membrane (Z), basement membrane, BM
membrana basalis
基底板× basal lamina×




  • 図:NDE.6(シェーマ)


  • 表皮直下に存在。光学顕微鏡下でPAS染色に赤色に染まり、ジアスターゼ抵抗性を示す。電顕的には複雑な構造を示す。(NDE.6)

基底膜近傍の構造



基底」

  [★]

basementgroundbasisbasesfundusbasal
アース胃底眼底基礎基本根拠素因基盤地階轢く


病」

  [★]

diseasesickness
疾病不調病害病気疾患


細管」

  [★]

canaliculuscanaliculitubule
小管尿細管




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡