抗不安薬依存

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/04/10 01:35:46」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/05/20 16:56:54」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 19.ベンゾジアゼピン(BZD)系抗不安薬依存症に関する心身医学的検討(第31回日本心身医学会九州地方会演題抄録)
  • 坂本 真佐哉,中野 重行
  • 心身医学 33(5), 424, 1993-06-01
  • NAID 110001119647

関連リンク

ベンゾジアゼピン系抗不安剤は、大量を長期間服用しない限り依存は起きにくいとされて きました。ところが近年、常用量での依存例の報告が .... 2002年7月15日号 No.341 関連記事 抗不安薬の依存性もご覧下さい。 {参考文献}日本薬剤師会雑誌 2002.7 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事抗不安薬」「依存」「不安」「抗不安

抗不安薬」

  [★]

antianxiety drug, antianxiety drugs, anxiolytics, anxiolytic
緩和精神安定薬 マイナートランキライザー minor tranquilizer
薬理学抗不安薬一覧


  • マイナートランキライザーとも呼ばれる

ベンゾジアゼピン系薬物とセロトニン受容体作動薬との違い

作用スペクトル

  • ベンゾジアゼピン系薬物:鎮静薬、催眠薬(睡眠薬)、抗不安薬、抗痙攣薬、筋弛緩薬
  • セロトニン受容体作動薬:鎮静作用△。催眠×。抗痙攣×、筋弛緩×。抗不安○

抗不安薬

依存」

  [★]

dependence
薬物依存麻薬中毒


依存の3要素

  • 1. 身体依存:精神作用物質が長時間体内にあり、効果を発現し続ける結果、生体がその物質に適応して正常に近い機能を営むようになった状態。身体依存が生じる薬物は抑制性の薬物で、離脱症状は興奮性となる
  • 2. 精神依存:精神作用物質を使用したいというしばしば強く、時には抵抗できない欲求
  • 3. 耐性  :精神作用物質の効果が長期の摂取のために減弱し、初期の効果を得るためにより大量の摂取が必要となった状態


不安」

  [★]

anxietydisturbancediscomfortfeardysphoriaanxiousuneasyanxiously
撹乱恐怖苦悶障害心配不快不快感妨害不快気分精神不安感異常感不安症恐れる



抗不安」

  [★]

antianxiety
抗不安薬



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡