手綱核

出典: meddic

()


habenular nucleus


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 報酬機能における外側手綱核と中脳ドーパミンニューロンの役割 (特集 大脳基底核--分子基盤から臨床まで)
  • ゼブラフィッシュ脳の左右非対称性とその発生機構 (特集 生物はなぜ左右非対称なのか?--その仕組みを探る)

関連リンク

2. 情動行動における手綱核の役割を探る 私たちは手綱核とよばれる間脳背側の神経核に着目し、情動行動における手綱核の役割を研究しています。哺乳類では手綱核は内側核(medial nucleus)と外側核(lateral nucleus)からなります ...
ラット脳の縦断像で外側手綱核によるセロトニン神経活動の制御を示している。脳の中心部に存在する外側手綱核(赤色)は、抑制性神経細胞(水色)を介してセロトニン含有神経細胞の豊富な領域(縫線核、青色)へ作用し ...

関連画像

手綱核から脚間核、およびその 手綱核操作魚での恐怖行動選択 図1:ゼブラフィッシュ手綱核 この 手綱 核 を 中心 に 据えた  における手綱核の役割を探る図3 嗅球から手綱核への非対称


★リンクテーブル★
リンク元反屈束」「habenular nucleus」「habenular nuclei
拡張検索手綱核脚間核路
関連記事

反屈束」

  [★]

retroflex fasciculus
fasciculus retroflexus
マイネルト束 Meynert fasciculus手綱核脚間核路 habenulointerpeduncular tract
手綱核脚間核



habenular nucleus」

  [★] 手綱核

  • (解剖)手綱核
habenulahabenular nuclei


habenular nuclei」

  [★]

手綱核

habenulahabenular nucleus

手綱核脚間核路」

  [★]

habenulointerpeduncular tract
反屈束

核」

  [★]

nucleus, nuclei
細胞核
細胞




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡