慢性萎縮性肢端皮膚炎

出典: meddic

acrodermatitis chronica atrophicans ACA
ボレリア症
[show details]


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ライム病の臨床と診断--自験78例の検討 (特集:寒圏医学・寒圏看護学の現状と課題)
  • 橋本 喜夫,飯塚 一
  • 旭川医科大学研究フォーラム 2(2), 22-28, 2001-12
  • … 出版社版ライム病の臨床症状は早期(I,II期),後期(III期)に大別され,早期は慢性遊走性紅斑(ECM),顔面神経麻痺などの神経症状,関節痛などをきたし,後期には慢性萎縮性肢端皮膚炎,リウマチ様関節炎などを呈する.特徴的なECMがみられれば比較的容易に診断可能だが,マダニ刺咬の既往が不明で,関節,神経症状主体の症例は診断が困難で,血清診断や病変部の培養などの検査を必要とする.これまで著者等78例のライム病を経験した …
  • NAID 120001025239
  • 慢性萎縮性肢端皮膚炎 Wurgburg大における経験例(グラビア)

関連リンク

definition Herxheimer萎縮性慢性肢端皮膚炎は、主に遠位四肢の伸側に生じる慢性の進行性皮膚疾患である。炎症-浮腫期の後に、脱毛、菲薄化、細かいひだ状の皮膚を認める萎縮期に移行し、最終的に皮膚の硬化性肥厚を伴う硬結に移行 ...
診断 部位 病巣 詳細 Herxheimer萎縮性慢性肢端皮膚炎 下肢 毛細血管拡張症 Herxheimer萎縮性慢性肢端皮膚炎 下肢 しわ(煙草紙様) Herxheimer萎縮性慢性肢端皮膚炎 下肢 結合組織の変化* Herxheimer萎縮性慢性肢端皮膚炎 下肢
IASR 32-8 ライム病,遊走性紅斑,神経症状,関節痛,慢性萎縮性肢端皮膚炎,Borrelia burgdorferi seusu lato,マダニ刺咬,ボレリア分離培養,BSKII細胞,PLDS,Borrelia garinii 北海道のライム病の発生状況と症例―自験113例の検討 (Vol. 32 p ...

関連画像

 Herxheimer萎縮性慢性肢端皮膚炎 Herxheimer萎縮性慢性肢端皮膚炎


★リンクテーブル★
先読みACA
リンク元ボレリア症」「acrodermatitis chronica atrophicans
関連記事萎縮」「皮膚」「」「萎縮性」「皮膚炎

ACA」

  [★] 前大脳動脈, anterior cerebral artery



ボレリア症」

  [★]

borreliosis
ライム病



acrodermatitis chronica atrophicans」

  [★] 慢性萎縮性肢端皮膚炎


萎縮」

  [★]

atrophy
atrophia
退縮肥大過形成

概念

  • 正常の大きさに発育・分化した臓器・組織・細胞が二次的に縮小し、体積を減ずること。 ⇔aplasia hypoplasia



皮膚」

  [★]

skin
cutis
皮膚の構造




炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症


萎縮性」

  [★]

atrophic
萎縮消耗消耗性喪失性


皮膚炎」

  [★]

dermatitis
皮膚皮膚炎症湿疹




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡