慢性呼吸不全

出典: meddic

chronic respiratory failure CRF
急性呼吸不全呼吸不全

概念



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 呼吸器疾患の70年を振り返る--日本胸部臨床とともに(第10回)慢性呼吸不全
  • 山口 佳寿博
  • 日本胸部臨床 70(10), 1053-1063, 2011-10
  • NAID 40019013169
  • 非薬物療法 在宅酸素療法 (COPDの治療・管理update) -- (安定期の管理)

関連リンク

3.呼吸不全をきたす基礎疾患 現在、慢性呼吸不全で在宅酸素患者は約10万人で、主な病気は、慢性閉塞性肺疾患(39%)、肺結核後遺症(18%)、間質性肺炎(12%)、肺がん(12%)です。呼吸不全をきたす呼吸器の基礎疾患を下に ...
室内気吸入時の動脈血酸素分圧(Pao2)が60Torr以下となる呼吸障害で このうち、動脈血炭酸ガス分圧(Paco2)が45Torr以下のものをⅠ型呼吸不全、45Torrを超えるものをⅡ型呼吸不全とする。 慢性呼吸不全とは呼吸不全の状態が1ヶ月 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みCRF
国試過去問105I080
リンク元在宅酸素療法」「急性呼吸不全
関連記事呼吸不全」「不全」「呼吸」「慢性

CRF」

  [★]

105I080」

  [★]

  • 慢性呼吸不全患者の動脈血ガス分析(自発呼吸、room air)の結果を示す。
  • pH 7.41、PaCO2 44Torr、PaO2 57Torr、HCO33- 27mEq/l。FIO2 21%、大気圧 761Torr、飽和水蒸気圧 47Torr、呼吸商(ガス交換率)が0.8であるとき、A-aD02を求めよ。ただし、小数点以下第1位を四捨五入すること。


[正答]


※国試ナビ4※ 105I079]←[国試_105]→[ ]

在宅酸素療法」

  [★]

home oxygen therapy, HOT、(欧米)long-term oxygen therapy LTOT
家庭酸素療法
[[]]

概念

  • 1985年に医療保険の適用
  • HOTを導入されている患者:約10万人(2002年)、約13万人(2008年?)
  • 疾患別HOT導入患者数:COPD(約半数) > 肺結核後遺症 > 肺線維症 > 肺癌

目的

  • 生命予後改善、運動耐容能の改善、QOLの向上
  • 低酸素血症の持続による全身的な臓器障害の予防、生存期間の延長
  • 呼吸困難感の軽減や運動耐容能の改善および入院回数の減少 → QOL改善

対象疾患

  • 慢性閉塞性肺疾患、肺結核後遺症など

保険上の適応

  • 種々の原因による呼吸不全症例であって(慢性呼吸不全で少なくとも1か月以上病態が安定していること)、(1)もしくは(2)であるもの。

装置

  • 酸素供給装置
  • 酸素濃縮装置/酸素濃縮器(膜型・吸着型):空気から酸素を取り出す方式 ← 9割以上の症例で
  • 液体酸素:外出の機会の多い活動度の高い症例のみ
  • 酸素ボンベ
  • その他:(外出用)携帯用酸素ボンベ、(長時間利用できるタイプ:吸気時にのみ酸素を供給)節約装置

導入

  • 在宅酸素療法の導入には入院でおこない、酸素流量の決定と患者さんの学習が行われる。

治療目標

  • 酸素流量の決定:動脈血酸素飽和度により低酸素状態を評価。デバイスとしてパルスオキシメーターが許容されているが、動脈血液ガス検査を施行することが好ましい。
  • 在宅酸素療法で用いる機械をベットサイドに用意、3つの状況(安静時、睡眠時、労作時)毎に酸素流量を決定する。
  • 安静時:(1)高CO2血症を伴わない症例:PaO2 80-100Torr。高CO2血症を伴う症例:PaO2 70Torr前後。
  • 睡眠時:睡眠中SpO2が90%以上。REM睡眠期に低酸素の著しい症例では高CO2血症に陥ることがある。
  • 労作時:6分間歩行テストがSpO2が90%以上。目安:「COPD・肺結核後遺症」安静時の1-2L/分増し。「肺線維症」安静時の3倍

ガイドライン

  • 酸素療法ガイドライン:有料

参考

  • 1. rockymuku
[display]http://rockymuku.sakura.ne.jp/kokyuukinaika/zaitakusannsoryouhounotekiyou.pdf
  • 2. 在宅酸素療法.com
[display]http://www.zaitakusansoryoho.com/hot/h04.html
  • 3.
[display]http://nsleep.com/hp/home-care/ho-hot/ho-hot.htm
  • 4. 在宅呼吸ケア白書2010【要約版】
http://www.jrs.or.jp/home/modules/glsm/index.php?content_id=48




急性呼吸不全」

  [★]

acute respiratory failure, ARF
慢性呼吸不全呼吸不全


呼吸不全」

  [★]

respiratory failure, respiratory insufficiency
低酸素血症
動脈血酸素分圧 PaO2動脈血炭酸ガス分圧 PaCO2

分類

  • 準呼吸不全:PaO2≦70 torr

病期による分類

炭酸ガス血症の有無による分類

  • 研修医のための小児救急ABC 呼吸困難と呼吸不全




不全」

  [★]

機能不全、失敗、不十分不全症不足無能無能力弁閉鎖不全弁閉鎖不全症機能不全症

呼吸」

  [★]

respiration, breathing
呼吸数呼吸中枢呼吸パターン



慢性」

  [★]

chronicity
慢性的慢性型





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡