感染性下痢

出典: meddic

infectious diarrheainfectious diarrheal disease
感染性下痢症


和文文献

  • 神戸大学インドネシア拠点のあゆみと実績 (特集 「感染症研究国際ネットワーク推進プログラム(J-GRID)」10年のあゆみ)
  • 小児の抗菌薬使用と腸内常在菌叢
  • 家畜感染症学会誌 = The journal of farm animal in infectious disease 3(4), 117-121, 2014
  • NAID 40020695541
  • 急性感染性下痢症に対する五苓散と芍薬甘草湯の臨床効果 (特集 アクアポリンを介した五苓散のメカニズムと広がる臨床応用)

関連リンク

感染性腸炎では、下痢、嘔吐、発熱のため脱水状態となるので、その程度に応じて経口あるいは経静脈的に水分、電解質、ブドウ糖を補給します。補給には市販のスポーツドリンクが多く用いられています。 細菌性の場合、強力な止痢
細菌、あるいはウイルスなどの感染性病原体による嘔吐、下痢を主症状とし、その結果種々の程度の脱水、電解質喪失症状、全身症状が加わるものを感染性胃腸炎と云う。年長児や成人では細菌性腸炎の頻度が高いが、乳幼児では ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元infectious diarrheal disease
拡張検索感染性下痢症
関連記事下痢」「感染」「感染性

infectious diarrheal disease」

  [★] 感染性下痢感染性下痢症

dysenteryinfectious diarrhea


感染性下痢症」

  [★]

infectious diarrheainfectious diarrheal disease
赤痢感染性下痢


下痢」

  [★]

diarrhea
下痢症(症候としての下痢)

概念

  • 24時間の糞便重量150-200g以上 or 24時間の糞便中の水分量が150-200ml以上のもの

病態


漢方医学

[show details]



感染」

  [★]

infection
定着感染症不顕性感染顕性感染サブクリニカル感染
  • 細菌が宿主の体表面、体内や組織内に付着して増殖し、定着している状態。
  • 感染の成立には微生物(定着能、増殖能、細胞内進入能、毒素産生能などを総合した病原性)と宿主(排除能、殺菌能などの生体防御機構)の力関係が崩れたときに生じる




感染性」

  [★]

infectivitytransmissibilityinfectiousnessinfectiosityinfectiousinfectivetransmissiblecontagious
感染力伝染性伝達性伝播性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1ミタゾラム 効果 16
2pud 16
3Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 10
6多毛日本 9
7ハントコスニック 8
81,320,568,24 HTTP/1.1 8
9日常生活自立度 7
10prolapse of uterus 7
11血友病C 7
12user/register 6
13ルリッシュ症候群 5
14Salivary glands 5
15脳卒中リハ 阻害因子 5
16 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
17サイズの原理 筋電図 5
18viraldeath解剖 5
19角化棘細胞腫 5
20vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
2ルリッシュ症候群 5
3vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4
4ノンスロン 作用 3
5上腕骨 肘頭窩 2
61〜2才 推定エネルギー必要 2
7気管支原生嚢胞 疼痛 2
8Trigeminal nerve 2
9気管支廉縮 2
10SVPC 2
11山崎邦正のペロニー病をなおした病院 2
12ヘーリング反対色説 2
131,1024,768,24 HTTP/1.1 1
14dungeon 1
15ピトレシン 投与量 1
16ギプスシーネ 1
17重炭酸ナトリウム 経口投与 1
18下額呼吸 1
19ジメチルイソプロピルアズレン 1
20ケタミン 1