感染型喘息

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 6 胸部CTによって慢性の炎症所見を認めた成人喘息患者群の検討 : 感染型喘息発症との因果関係
  • 渡邊 直人,美濃口 健治,藤永 秀子,桜本 美輪子,姫野 友美,小関 隆,木原 令夫,牧野 荘平
  • アレルギー 45(8・9), 882, 1996-09-30
  • NAID 110002418519
  • 感染型喘息成立機序に関する研究-2-neuraminidaseによるヒト好塩基球の脱顆粒現象
  • 吉良 登志子
  • 東京慈恵会医科大学雑誌 94(6), p1074-1078, 1979-11
  • NAID 40002592471

関連リンク

たりしますと、喘息の全くない方より も、反応性が上がっている場合があり ました。つまり、IgEが高くなかった ... 池田 いわゆる感染型という名前が ありますが、上気道炎、風邪も含めた 感染症の関係はいかがでしょうか。 灰田 ...
喘息の分類にはいくつかあり、①アトピー型喘息(アレルギー性喘息)と非アトピー型喘息(非アレルギー性喘息)、②アトピー型喘息、混合型喘息、感染型喘息、③外因型喘息と内因型喘息などです。 感染型喘息は非アトピー型喘息や ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事感染」「喘息」「

感染」

  [★]

infection
定着感染症不顕性感染顕性感染サブクリニカル感染
  • 細菌が宿主の体表面、体内や組織内に付着して増殖し、定着している状態。
  • 感染の成立には微生物(定着能、増殖能、細胞内進入能、毒素産生能などを総合した病原性)と宿主(排除能、殺菌能などの生体防御機構)の力関係が崩れたときに生じる




喘息」

  [★]



息」

  [★]

breath
呼吸一呼吸




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
2ミタゾラム 効果 16
3pud 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 12
6多毛日本 12
7user/password 10
8cefpodoxime proxetil BCS 8
9user/register 8
10prolapse of uterus 7
11日常生活自立度 7
121,320,568,24 HTTP/1.1 7
13盲斑 6
14ルリッシュ症候群 5
15サイズの原理 筋電図 5
16 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
17脳卒中リハ 阻害因子 5
18viraldeath解剖 5
19角化棘細胞腫 5
20Salivary glands 5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1多毛日本 12
2cefpodoxime proxetil BCS 8
3盲斑 6
4user/password 6
5?mesterolon? Britain 4
6メトロイリーゼ 4
7?testosterone decanoate? Britain 4
8?mesterolon? Europe 4
9?mesterolon? Germany 4
10心筋の活動電位 3
11握雪音 3
12?mesterolon? Australia 2
131,1024,768,24 HTTP/1.1 2
14バンコマイシン レッドマン症候群 2
15?mesterolon? America 2
161回拍出量 2
17グラム陽性桿菌 2
18流動モザイクモデル 2
19アズール顆粒 2
20ウレアーゼ・インドフェノール法 2