急性黄色肝萎縮

出典: meddic


和文文献

  • 原病學各論--亞爾蔑聯斯の講義録(第27編)
  • 松陰 宏,近藤 陽一,松陰 崇 [他]
  • 三重県立看護大学紀要 9 (9), 21-32, 2005
  • NAID 40016158909
  • 分娩後大出血と交換輸血のため大量の血液にて救命しえた急性黄色肝萎縮症の1例
  • 宮越 洋二 [他]
  • 産婦人科治療 44(4), p527-531, 1982-04
  • NAID 40001493692

関連リンク

肝臓は300~800gと萎縮し,その内部は黄色または赤色を呈するため,急性黄色または赤色肝萎縮とよばれる。病理組織学的にも,ほとんどの肝細胞が変性壊死に陥っており,肝臓の萎縮は肝細胞の崩壊により ...
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 急性肝萎縮症の用語解説 - 劇症肝炎,急性黄色肝萎縮症ともいう。肝細胞が急速かつ広範囲に壊死するために起る。主としてウイルス性肝炎にみられ,急性型の場合は発病後 10日以内に肝不全に ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索急性黄色肝萎縮症
関連記事萎縮」「急性」「黄色

急性黄色肝萎縮症」

  [★]

acute yellow liver atrophy
急性黄色肝萎縮劇症肝炎massive hepatic necrosis


萎縮」

  [★]

atrophy
atrophia
退縮肥大過形成

概念

  • 正常の大きさに発育・分化した臓器・組織・細胞が二次的に縮小し、体積を減ずること。 ⇔aplasia hypoplasia


急性」

  [★]

acute
急性的鋭い鋭形急性型

黄色」

  [★]

yellowxanthicxantho




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡