急性下痢

出典: meddic

acute diarrhea
急性下痢症

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 下痢患者の診断 : 急性と慢性 : どのような検査をしてどう鑑別すべきか (特集 下痢と便秘 : 近年の診断と治療の進歩) -- (下痢症への対処)
  • 下痢 (特集 小児の消化器疾患 : 症候から最新の治療まで) -- (症候からみた消化器疾患)
  • 塚原 央之,米沢 俊一
  • 小児科診療 76(2), 197-204, 2013-02
  • NAID 40019563482
  • プロバイオティクスによる急性下痢症の予防効果 : インド国コルカタ市における大規模無作為化二重盲検プラセボ対照試験から (AYUMI 小児腸内細菌叢と病態形成)
  • 高橋 琢也,野本 康二
  • 医学のあゆみ 243(2), 179-184, 2012-10-13
  • NAID 40019435635

関連リンク

突然起こる下痢のことを、急性下痢といいます。 急性の下痢は、腹痛を伴うものが多く... ... 下痢は、慢性と急性の症状または、小腸と大腸が原因など、症状や原因によって種類を 分類することができます。
急性下痢 は下痢の原因として細菌・ウイルスなどの感染による激しい症状を伴うものと、感染によらないものとに分類されます。感性性は主に 食中毒、赤痢 など、非感性性は風邪を引いた時、体の冷えから起る、暴飲暴食による ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問103D025
リンク元acute diarrhea
拡張検索急性下痢症
関連記事下痢」「急性

103D025」

  [★]

  • 26歳の女性。脱力感を主訴に来院した。小児期の成長は正常。意識は清明。身長160cm、体重46kg。血圧96/60mmHg。血液生化学所見:Na 140mEq/l、K 2.4mEq/l、Cl 89mEq/l、血漿レニン活性<PRA>4.0ng/ml/時間(基準1.2~2.5)、アルドステロン25ng/dl(基準5~10)、動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH 7.51、PaO2 98Torr、PaCO2 44Torr、HCO3- 36mEq/l。
  • 診断はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103D024]←[国試_103]→[103D026

acute diarrhea」

  [★] 急性下痢急性下痢症

急性下痢症」

  [★]

acute diarrhea
急性下痢


下痢」

  [★]

diarrhea
下痢症(症候としての下痢)

概念

  • 24時間の糞便重量150-200g以上 or 24時間の糞便中の水分量が150-200ml以上のもの

病態


漢方医学

[show details]



急性」

  [★]

acute
急性的鋭い鋭形急性型



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡