心臓聴診部位

出典: meddic

聴診


  RSB   LSB  
2 A弁, II音   P弁, II音  
3   Erb領域
4 T弁, I音
    心尖
5 M弁, I音

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

また、胸郭などの動きのある部位では集音部が体表面に対して動かぬように、そして、指 などが使用していない集音部に触れないように注意する。) 5. 例えば、胸部の聴診では 聴診部位と順序があり、その解剖学的な位置関係を理解、考慮しつつ、聴取した音を ...
心臓の聴診を行うとき場合、まずは心血管系の一般診察を合わせて行うべきである、 これらの情報と総合して聴診の所見は ... 左側臥位で心尖拍動を触れた部位にベル型の 聴診器を当てる。ベル型は低音成分聴取が得意である ...

関連画像

収縮期駆出性雑音 systolic ejection スライド 17 / 29肺音の聴診医療 看護 心音 聴診 部位http://health.goo.ne.jp/health/img/jintai スライド 11 / 29心音の聴診 部位は4ヵ所です。


★リンクテーブル★
関連記事聴診」「心臓」「部位

聴診」

  [★]

auscultation


  • 頚部:総頚動脈、甲状腺
  • 胸部:肺、心臓
  • 腹部:腸蠕動音、大動脈雑音
  • 下肢:大腿動脈雑音

肺音の聴診

連続性 吸気時 strider       気道狭窄音 気道狭窄音
連続性 低調整 呼気時 rhonchi   ≦200Hz >250ms   COPD気管支喘息気管支拡張症びまん性汎細気管支炎
連続性 高調性 呼気時 wheeze   ≧400Hz >250ms 気管壁がフラッタリングすることで発生 COPD気管支喘息気管支拡張症びまん性汎細気管支炎気管支喘息では複数の様々な音声が発生し、random polyphonic wheezes
連続性/断続性 高調性 吸気時 squawk     ≦100ms 吸気により細い気管支が再開放する時に、気管支壁が短時間共振し発生 間質性肺炎肺線維症びまん性汎細気管支炎過敏性肺臓炎ウェゲナー肉芽腫症気管支拡張症石綿肺
断続性 低調整 吸気時 coarse crackle early inspiratory crackle 250-500Hz 10~25ms 太い気道内の分泌液の膜の前後に、吸気時の圧較差が生じ、それが破れるときに発生。個々の音はfine crackleより長め 気管支拡張症COPDびまん性汎細気管支炎、進行した肺水腫
断続性 高調性 吸気時 fine crackle late inspiratory crackle 500~1000Hz ≦5ms 呼気時に閉塞した末梢気道が吸気時に再開放されるときに発生 特発性間質性肺炎特発性肺線維症石綿肺過敏性肺炎、肺水腫初期


  • 腹部



心臓」

  [★]

heart
cor
循環器

性状

  • 約300g。

体表解剖

  • 心臓の上縁:左の第2肋軟骨の下縁と右の第3肋軟骨を結ぶ線上
  • 心臓の右縁:右の第3肋軟骨から右の第6軟骨に向かう線。この線は外側に向かって弓状をなす。
  • 心臓の下縁:右縁の下端から第5肋間隙で左鎖骨中線の近くに向かう線
  • 心臓の左縁:上縁と下縁を外側に凸となる曲線で結んだ線

機能血管

動脈

静脈

心臓の栄養動脈 (M.92)

  • 洞房結節枝
  • 右縁枝
  • 後下行枝 = 後室間枝
  • 房室結節枝
  • 左前下行枝
  • 対角枝
  • 回旋枝
  • 左縁枝


心臓の栄養静脈 (M.95)

心臓の静脈の特徴

心音の聴診

心臓の生理

  • 酸素供給能 = 心臓の送血能 x 血液のHb量 x (動脈の酸素飽和度(肺) - 静脈の酸素飽和度(末梢))
  • 心臓の酸素消費量と仕事



部位」

  [★]

sitelocuslocilocation
位置遺伝子座サイト座位場所




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3