心シネアンギオグラフィ

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

心血管造影は、カテーテル検査のもっとも基本になるものです。造影剤を注入することにより、通常のX線撮影では見ることのできない心室の形状や動き、冠状動脈の走行や狭窄の状態を知ることができます。 シネアンギオグラフィ
デジタルサブトラクション血管造影は,動いていない動脈と心腔シネアンギオグラフィに使用される。 左心カテーテル法による冠動脈造影は,不安定狭心症,非定型胸痛,弁置換前の弁膜異常,または説明の できない心不全を有する患者に ...
平均23,800IU/日)。左室シネアンギオグラフィおよび冠動脈造影を実施した場合は20~50日後まで皮下注。 必要に応じて硝酸薬(静注または経口),血管拡張薬,抗不整脈薬を 追跡完了率 表記なし。 結果 評価項目 初回の心 左室 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元心血管動画撮影
関連記事

心血管動画撮影」

  [★]

心シネアンギオグラフィ


心」

  [★]

heartmindcardiac
核心強心心臓心臓性
精神心陰影
心虚


漢方医学

機能

  • 1. 意識水準を保つ
  • 2. 覚醒・睡眠のリズムを調節する
  • 3. 血を循環させる

失調症状

→ 心虚
  • 焦燥感、不安感、集中力の低下、不眠、嗜眠、情緒不安定、顔面紅潮、舌尖の真紅、動悸、脈の結代、胸内苦悶感、息切れ





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡