循環赤血球量

出典: meddic



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 新しい検査の意義と使い方 : 5. 骨代謝マーカー
  • 鈴木 康夫
  • 日本内科学会雑誌 96(10), 2151-2158, 2007-10-10
  • NAID 10019543784

関連リンク

カテゴリーA. A1 循環赤血球量が平均正常予想値の25%以上あるいはヘモグロビン値 が男性≧18.5g/ml、女性≧16.5g/μl. A2 以下の二次性赤血球増加を除外する. 家族性 赤血球増加症. エリスロポイエチン高値. 低酸素血症(動脈酸素飽和度92%以下) ...
体重kgとヘマトクリット%から循環血液量と循環赤血球を求める.

関連画像

ほ乳類の血液循環 心臓図5:不死化した赤血球前駆 赤血球は骨髄でつくられます放射性クロム酸ナトリウム注射


★リンクテーブル★
国試過去問096A034」「100F037
関連記事血球」「赤血球」「」「循環

096A034」

  [★]

  • 56歳の男性。全身の痒みを主訴に来院した。1年前から同僚に赤ら顔を指摘され、また同じころに定期健診で血液異常を指摘されたが放置した。最近、頭重と耳鳴りとを自覚するようになった。家族歴と既往歴とに特記することはない。喫煙は5年前に止めた。呼吸数20/分。脈拍84/分、整。血圧146/94mmHg。顔色は暗赤紫色調で口唇にチアノーゼを認める。皮膚には掻破痕があり、四肢静脈は怒張している。頚部リンパ節腫大はない。胸部には異常なく、腹部で左肋骨弓下に脾の先端を触知する。血液所見:赤血球670万、Hb18.5g/dl、Ht53%、白血球11,200(好中球75%、好酸球3%、好塩基球5%、単球3%、リンパ球14%)、血小板54万。血清生化学所見:総蛋白7.1g/dl、アルブミン4.3g/dl、尿素窒素19mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、尿酸7.8mg/dl、AST(GOT)37単位(基準40以下)、ALT(GPT)32単位(基準35以下)、LDH430単位(基準176~353)、Fe25μg/dl(基準80~160)、総鉄結合能376μg/dl(基準290~390)、フェリチン18ng/ml(基準20~120)。CRP0.2mg/dl(基準0.3以下)。
  • この患者で低下するのはどれか。
  • (1) 平均赤血球容積(MCV)
  • (2) 好中球アルカリホスファターゼ指数
  • (3) 動脈血酸素飽和度
  • (4) 循環赤血球量
  • (5) 血中エリスロポエチン濃度
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 096A033]←[国試_096]→[096A035

100F037」

  [★]

  • 56歳の男性。全身の痒みを主訴に来院した。家族歴と既往歴とに特記すべきことはない。5年前から禁煙している。1年前から赤ら顔で、定期健康診断の血液検査で異常を指摘されたが放置していた。最近、頭重と耳鳴りとを自覚するようになった。呼吸数20/分。脈拍84/分、整。血圧146/94mmHg、顔色は暗赤紫色調で口唇にチアノーゼを認める。皮膚には掻爬痕があり、四肢静脈は怒張している。頸部リンパ節腫大はない。胸部には異常なく、腹部で左肋骨弓下に肺を触知する。血液所見:赤血球720万、Hb20%、Ht56%、白血球11,200(好中球75%、好酸球3%、好塩基球5%、単球3%、リンパ球14%)、血小板54万、総鉄結合能(TIBC)375μg/dl(基準290~390)。血清生化学所見:総蛋白7.1g/dl、アルブミン4.3g/dl、フェリチン18ng/ml(基準20~120)、尿素窒素19mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、尿酸7.8mg/dl、AST37単位、ALT32単位、LDH430単位(基準176~353)、Fe25μg/dl、CRP0.2mg/dl。
  • 低下しているのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 100F036]←[国試_100]→[100F038

血球」

  [★]

hemocyte, blood corpuscle, hematocyte
hemocytus
血液細胞 blood cell
血液



血球の割合

  • 下図の値から算出。
  個数(/ul)   個数(/ul) 個数(%)
赤血球 男:500万
女:450万
  5000000 95.1
白血球
 
5000-10000   7500 0.1
血小板
 
15万-35万   250000 4.8
血球 直径(μm)
前赤芽球 14~19
好塩基性赤芽球 12~17
多染性赤芽球 10~15
正染性赤芽球 8~12
赤血球 7~8.5
骨髄芽球 12~20
前骨髄球 16~23
骨髄球 12~20
後骨髄球 12~18
杆状核(好中球) 10~18
分節核(好中球) 10~16
分節核(好酸球) 13~18
分節核(好塩基球) 12~16
リンパ芽球 11~18
リンパ球 7~16
形質球 10~20
異形リンパ球 15~30
単球 13~21
巨核球(骨髄巨核球) 35~160
血小板 2~4

寿命

  • 赤血球:120日
  • 好中球:6-8時間
  • 血小板:10日
  • 形質細胞:1-3日
  • メモリー細胞:数年

血球の特徴

 
赤血球 単球 好酸球 好中球 好塩基球 リンパ球
大きさ 7~8μm 12~20μm 10~15μm 10~13μm 9~12μm 7~15μm
赤血球と比べた大きさ ------ かなり大きい 2倍以上 約2倍 2倍弱 小リンパ球は同じ程度
細胞質   アズール顆粒。
広く不規則な突起
橙赤色の粗大円形顆粒 暗紫色に染まる微細な顆粒
アズール顆粒
赤紫色の大小不同の顆粒 狭く淡い青色
  くびれ有り 2葉、眼鏡型 桿状好中球
分葉好中球
格の上にも顆粒あり 球形


  • 核小体

  • クロマチン

  • 細胞質

  • 顆粒


赤血球」

  [★]

erythrocyte (Z), red blood cell (Z), RBC
血液貧血血液像

赤血球の形状

  • 直径:7.62±0.61μm → 7-8μm
  • 厚さ:1.0-2.0μm
  • 容積:90μm3
  • 表面積:130μm2
  • 比重:1.097

分化

基準値

2007前期解剖学授業プリント
♂:420万 - 570万 (/μl)  495万±75万 x 10^6 (/μl)
♀:380万 - 550万 (/μl)  465万±85万 x 10^6 (/μl)
-2007前期生理学授業プリント
♂:450万 - 610万 /μl
♀:380万 - 530万 /μl
-PT.233
♂:500万 /mm3
♀:450万 /mm3
-異常値の出るメカニズム第5版 p.79
男:400万-700万/ul
女:350万-600万/ul
-HIM
男:430–560 x 10^4/μl
女:400–520 x 10^4/μl

寿命

  • 100-120日 → 4ヶ月


赤血球の増加

  • テストステロン、低酸素、コルチゾール、エリスロポエチン




量」

  [★]

amountvolumecontentquantity
含有量含量体積達する容積内容物内容ボリューム

循環」

  [★]

circulationcirculatecirculatory
血行循環性流通血行路




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡